2006年 07月 08日

三国志大戦2「魏伝ハードクリア!」

少し前の話だが、魏伝ハードをクリアした。
やっと。本当に。何度挫折しかけたか。

最終章の敵の編成は
R 劉備・4
SR諸葛亮・3
UC黄忠・7
R 馬超・8
UC関羽・8
UC張飛・8
SR趙雲・8

合計コスト14・武力46

キタコレ、五虎将デッキw
予想通りですがね。。。

クリアしたデッキは。。。
涼・SR呂布
魏・UC典イ
魏・C 曹彰
魏・ST曹操

戦略はとてもシンプル。
赤兎咆哮赤兎咆哮赤兎咆哮赤兎咆哮
赤兎咆哮赤兎咆哮赤兎咆哮赤兎咆哮
赤兎咆哮赤兎咆哮赤兎咆哮赤兎咆哮


イジョw
赤兎咆哮で武力35になった呂布で城門前に
密集する敵をひたすら掃除。掃除したら
ST曹操が相手の城壁へピンポンダッシュ。

何度も苦杯を呑まされたが、呂布様の
おかげで勝利。さすがは飛将。偉大だ。

赤兎咆哮笑えるね。武力8が蒸発する。。。
ということはない。触れた瞬間、HPが8割消し
飛び、次の乱戦でこの世から消え去るくらい。
バタバタ人が死んでいく。。。

桃園の誓いすらものともせず、
爆走し粉砕していく姿はギャグの世界だった。

何とかクリアしたが、自分のテクのなさが
嫌というほどわかりました。普通のデッキで
この大群をいなせるように修行しよう。うん。

プレイ回数は110回か。。。
IC1枚目でクリアしようと
思ったのだけど、ムリだったね。

ハードで難しかったステージには共通点がある。
それは馬が多いステージ。逆に馬がいないステージは
数が多いだけで普通に戦える。

敵の部隊数が多いので、乱戦に持ち込まれて、
騎兵の連続突撃でHPが一気に削られる。
ウマイ人はこの対策ができているんだろうね。

逆に言えば、馬さえ対策ができれば
それほど難しくないかな。計略あんまり使わないし、
進軍の仕方とかも、やっぱ変だし。

今回は相手のデッキやCPUの思考の
穴をついた作戦で勝ったが、自分が
普通に勝つデッキで勝ちたいものだねえ。

 6・ 7章:呂布の馬・弓軍
15・16章:馬超のオール馬軍
17・18章:孫権の弓・槍軍
19・20章:劉備の馬・槍軍

がデッキに特徴があって数の暴力に
目眩を覚えたステージかな。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-07-08 22:55 | 三国志大戦


<< 映画感想「デスノート(前編)」      D&Dって知ってるかい? >>