2006年 07月 01日

ドラマ「医龍とくずがよかった。本当によかった」

見ていた春ドラマがサァーッと終った。
ドラマの内容とお気に入り順は以前に触れたので割愛。

総括すると、医龍と弁護士のくずが熱かった。
なんで、この2つのドラマが同じ時間帯なんだよ!!
医龍はリアルタイムで、くずをビデオに撮って対応した。
くずはDVDに保存しておこう。

医龍は最終回でも、必殺の死者蘇生手術やってたね。
あの世界では、死者は5分以内なら復活できるらしい。

「心臓に7つの裂傷が!!」
「縫合しても次々に裂けて、血が止まらない!!」
「心臓が停止しました。。。」

そこへ颯爽と現れる朝田。
「心停止後の時間は?」「30秒です。」
「あと4分30秒は止めておけ。縫合してから蘇生だ」

その後、ものすごい勢いで縫合を始める朝田。
DSの手術ゲーム「カドゥケウス」を彷彿とさせるね。

あのゲームでもすごい勢いで縫合しまくったな。
医龍みてたら、またやりたくなったよw
やってたときは、リアルで超執刀ができたよ、ワタシもw

ゲームの世界のごとき、手術技術がよかった。

医龍が勢いで視聴者を釘付けにする津波のようなドラマなら、
くずは気楽に見れて笑わせる、スナック菓子のような
感じだったかな。

出演者のカットび加減が尋常ではなく、
トヨエツがありえないくらいに壊れていた。
キャスティングが最強すぎる。トヨエツによくこの仕事もっていったな。
もう、トヨエツはトレンディードラマ出られないぞw

ふざけまくったノリがよかった。
「ウソを暴く」「本音を引き出す」という
弁護士ドラマのテイストに「笑い」を入れたのが
よかったね。気楽に見れて面白い。

深夜っぽいノリなので、時間帯を深夜にしたほうが
前の「時効警察」のような密かなブームになっただろうね。
そのあたりが惜しい。

前に書いたドラマ感想と内容がカブっているような。
気にするな。適当だぜ?
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-07-01 21:12 | テレビ番組


<< ドラマ「夏ドラマはどれをみよう...      三国志大戦2「開幕の弱さにくじ... >>