2006年 03月 30日

燃え燃えプロジェクトこぼれ話2

今日は後輩の送別会があった。
IT業界から足を洗うそうだ。

送別会自体の内容はともかくとして、
この送別会を別の視点から、具体的には
プロジェクトXに携わっている男たちの戦い
という点で眺めると興味深い。

予定では、以前記述した燃え燃えプロジェクトに
携わっている新人が道案内をしてくれることになっていた。

出発の時間が近づき、地図を印刷したりと準備をする新人。その彼の足が止まった。
燃え燃えプロジェクトの爆心地、グラウンド0で。


ビデオが静止するように、完全に動きが止まる。

数分後、いそいそと地図を差し出してこう言った。
「先に行っていてください」

うはwwwwwおkwwwww

送別会が始まり、一時間ほどすると、
見たことのある三人がやってきた。

さっきの新人を含めた、
燃え燃えプロジェクトにたずさわるメンバー!!!

「おお。これたのかい?」
と聞いたら、こういう返事が返ってきた。

「また会社に戻りますけどね」

うはwwwwwおkwwwww

一時間ほどして、公約通りに姿を消し、
再び戦場へと帰っていく三銃士。

戦場に赴く戦士に誓いの歌を~♪
優しさやいたわりでもな~い、戦い抜く勇気を♪

思わず、三人を敬礼して見送っちゃったよ。。。
もうね。全米中が泣 き ま す YO!

そんな漢たちの悲哀をよそに、
粛々と送別会が終り、二人の後輩が会社としての
最後のイベントを終えた。

みなまで言うな。退職の理由はわかる。

こんな業界wwwやってられねーwwww

君たちの選択は正しい!
ワタシが全力で保証しようwwwwww

コワイコワイ、コワイね~。
ぷるぷるしちゃうね~。

[PR]

by netnetnet_78 | 2006-03-30 23:13 | 雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ファンタジーアース「4月バージ...      ファンタジーアース「ウォリで中... >>