2006年 03月 20日

WBC瞬間視聴率50%越え

WBCの瞬間視聴率が50%を越えたそうだ。

【WBC】王ジャパン、視聴率で静香超えた
http://kyusyu.nikkansports.com/news/f-kn-tp5-20060320-9366.html

うはwwwwwみんな見過ぎwwwwwww
日曜の昼間にアベレージで35%だしたのはすごいよね~。

ああ、ワタシも見ていたさ!!!!
福留がホームランを打ったとき、絶叫したさ!w

ケッチョンケッチョンに韓国にやられ、
ギリギリで予選を突破して、また三度目の韓国戦。
もう負けることは許されない。。。!

という、日本人がとても好きなシチュエーションが
用意されたのがこの高視聴率につながったんだろうねー。
紅白に匹敵しそうな数値だぞ、これは。

映像ソフトとして、やっぱり野球は
まだまだ健在といったところかな?

ところで、ついでにこんな記事を見つけた。

「韓国は野球の神」…韓国4強のエピソード紹介
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=73841&servcode=600§code=620

米国選手の韓国野球を見る目が変わったよ、という記事で
それ自体はどうでもよいのだが、最後の部分がどうかと。

> 「グラウンドのマウンドに立てられた国旗は太極旗が
> 世界で初めて。気が狂いそうなほどうれしかったし、誇らしい場面だった」

あれは誇らしい場面だったのかな?
二次予選突破、ベスト4進出で国旗をマウンドに
突き立てるのは明らかに「時期尚早」というやつでは?

世界で初めて突き立てるのは誰にだってできる。
でも、突き立てる権利がないとそれは意味がない。
あの時点で、その権利には早かったんじゃないかな?

このサイトは韓国系のニュースサイトのようで
ほかにもWBCのニュースがちらほらと。

<WBC>「卑劣な手口の対戦カード」…日本だけ‘にやり’
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=73845&servcode=600§code=620

という記事もあったのだが、日本だけ「にやり」という表現はどうかと。
韓国と日本は同じルートなのだから、韓国も「にやり」なわけで。
記事を読んでも、なぜ日本が「にやり」なのかさっぱりわからないのだけど。

ついでに、スポーツ記事の一覧を見たのだが、
どこにも「韓国の選手がドーピングで失格」の記事がないのだけど。
メキシコの誤審よりは新しいと思うのだが、どこにも記事が。。。
探し方が足りないのか。。。? 「記事検索」しても画面がエラーにににににににに。
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-03-20 23:30 | 雑記


<< WBC日本優勝!      映画「有頂天ホテル」の感想 >>