2006年 03月 16日

ドラマ夜王「聖也が怪しすぎる件について」

夜王という連ドラが放送されている。
歌舞伎町のホストを舞台とした話なんだけど。

主役は「女性を癒したい」と考える
真心ホストの遼介。

ドラマにはライバルがつきもので、
彼の敵役がナンバー1ホストの聖也。

「客の価値は金だ」と断言し、
どんなになじみの客であろうと、恩のある客だろうと
金の切れ目が縁の切れ目とあっさり捨てる。

この人のカッとんだホストっぷりはなかなかスゴイ。
思い出せる範囲で書いてみよう。

1.
横暴さを遼介にたしなめられた客が激昂。
「あなたホストでしょ! 100万あげるから
 私の靴をなめなさい!」と叫ぶ。
 
ドン引きする客たち。対応に困る遼介の代わりに
無表情に靴をなめて100万円を手に取る。

その100万円を空中に投げて、
「これはみなさんへの贈り物です」、
客のテンションを一気に戻す。

2.
「映画を二人で見たい」という客と映画に行く。
映画館を訪れると、聖也と客しかいない。

「どうしてお客がいないの?」という質問に、
胸元からチケットの束を取り出す聖也。
「二人で見たいとおっしゃいましたから」

あんた、やりすぎwwwwww

カッコいいのか、笑っていいところなのか、
ぶっちゃけよくわからんwwww

完璧ホストの聖也だけど、
夜王で異様なほどの存在感を誇っている。
というか、ほとんどこの人の話じゃないか?
というくらい怪しげなオーラを放ち続けている。

にも関わらず、とにかくしゃべらない。セリフがない。
一話で五個以上、単語を喋っていないような。
というのは言いすぎかw でも本当にセリフ少ない。
あれくらいなら、素人でも覚えられるぞwwwww

物語の大部分を占めるホスト店では、だいたい
この2パターンしかない。

1.
怪しげな笑顔をたたえながら、客の横に座っている。
たまに「どうぞ」と言って酒を勧めている。

2.
怪しげな笑顔をたたえながら、一人でイスに座っている。
姿勢は少し崩していて、だいたいみんなと違う方向を
向いている。なにやら思わせぶりな雰囲気が爆発。

これだけw 楽な仕事に見えて仕方ないのだが。。。w
シーンも少ないので、とても撮影が楽そう。
なのに、あのニヤニヤ笑いが記憶に残って仕方ないw

ほとんど喋らず、じいっと見つめるだけで強烈な印象を残す。
俳優、北村一輝を誉めるべきなんだろうねえ。。。
あの人、怪しいよw
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-03-16 23:11 | テレビ番組 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 全日本ベスト4に進出      燃え燃えプロジェクト >>