2006年 02月 27日

トリノオリンピック閉幕

メダルをとらないと、
こうも盛り上がらないものか!

と証明してくれた今回のオリンピック。

オリンピック期間中の新聞の夕刊は、
メダルをとった選手達で埋め尽くされるものだが、
今回は女子フィギュアまでその光景はなかった。

そのおかげか、
キワモノ扱いのカーリングが、
連敗からの奇跡の連勝もあって注目を集めた。

なんか、カーリングの問い合わせが増えているらしい。

確かに、あれは老若男女変わらずプレイできそうだよねー。
アレなら何歳から初めても、金メダル狙えそうじゃない?
ってのは、カーリングに失礼すぎるか。。。切腹!

カーリング的には万々歳の大会かもしれないけど、
日本的にははなはだマズい大会だったねー。

100人以上、送り込んでメダル1枚。。。

フィギュアで金をとったのがせめてもの救いか。。。
あれは国民的に人気が高まっていたからね。
おかげで溜飲を下げた人も多いだろう。

とはいえ、メダル一枚だったのもあって、
ニュースのすべてが荒川さんのプレイバックに集中。

センセイ! もうお腹一杯ですorz
それしかないから、仕方ないといえば仕方ないがwww

やっぱり、この10年間の不況がここにきて
響いてきたのかなーなんて考えてしまう。

スポーツなんてお金がかかるものだからねー。
スポンサーになってくれる企業が減ると、
それだけ選手に負担が多くなるわけで。

国策としてスポーツ振興したらどうよ?
オリンピック狙える選手くらい育てようよ。
税金投入税金投入。

穴掘って埋めるだけのムダな公共事業を
するくらいなら、選手育成に金を使えばいいのに。
わけのわからんことに金を使うくらいなら、
こっちのほうが夢あっていいんじゃない?

10億くらいツッコんでも、
今のどんぶり勘定な国の会計からしたら
たいした額じゃないんじゃないの?

ドンブリ勘定はいいすぎ?
いや。ドンブリの底が抜けているかwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-02-27 23:45 | 雑記


<< 「ファンタジーアース」戦争にい...      ふたりのマリアさま >>