2006年 01月 22日

連ドラ序盤戦一言感想その2

その2。今回取り上げるのは。。。

・白夜行
・夜王
・時効警察
・喰いタン

という感じ。印象で語っているのは仕様です。

・白夜行

幼いころに犯罪を犯した男女が、逃げるために
犯罪を重ねていくお話。主役はセカチューのコンビらしい。

どうも、1シーン1シーンが長いというか。
情緒を丹念に描こうとしているのかしらないけど、
タラタラやっている感じがしてどうもダルい。
モノローグとか多いし長いし。。。

1話目は1時間ものを強引に2時間に
したから間延びしたかな~と思っていたけど、
そういう脚本なのね。。。

雰囲気がマジメで暗いのも何かねえ。。。
ちょっと見ていてシンドイかな。ミステリというより、恋愛物として
みるように頭を切り換えないとダメなのかも。

犯罪を犯した主人公とヒロインがじわじわと
追い詰められていくドラマ?だと思うので、
これからなんだろうが。。。いつまで我慢しようかな。

刑事役の武田鉄也のネチネチ度に期待w

・夜王

けものみちの次くらいに面白い。

雰囲気的には、昔あったドラマ「ホテル」の
ホスト版かな? 真心ホストの主人公が客の
問題を解決していくストーリーとみた。

ホスト店における主流派との対立をからめつつ、
ゲスト役の女性たちの悩みを描いていくという
必勝方程式が確立しているので見ていて面白い。

倒すべきナンバー1ホスト星也の完璧なホストっぷりが笑える。
演出しすぎ&ライバル補正すごすぎw

・時効警察

1話完結型のミステリドラマとしてキチッと構成
しているので意外と面白い。コメディなノリが
微妙に味わいをつけているのもグッド。

フザケたノリのわりに、本格的にミステリしている。
隠れた良作ではないかと。
ミステリ好きなら絶対オススメ。

雰囲気的には「逆転裁判」に似ているかも。
すでに起こった事件を調査で掘り下げる感じと
コメディ・ミステリなノリがね。

・喰いタン

探偵物ミステリとして見ると微妙。
謎を解明して話を進めていくというより、
おちゃらけ会話を中心に話が進む。

なので、ミステリというよりも、
単なるコメディドラマという感じで
とらえたほうが違和感がない。

個人的にはミステリものとして
期待していたので微妙かな。

エリート刑事のモモちゃんのキレっぷりと
喰いタン役の東山紀之の姿勢の良さを堪能する
ドラマかと。

。。。
という感じ。まとめると。。。

オススメ
けものみち、夜王、時効警察

グッド
西遊記

これからの展開に期待
サイコロ、白夜行

イマイチ
アンフェア、喰いタン

かな?
サイコロって略しかた、ちょっとカワイソw
こうやってみると、結構見てるね。

まだ録っただけで見れてないの
あるんだけどねorz
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-01-22 12:42 | テレビ番組


<< デスノート:映画化決定 6月と...      連ドラ序盤戦一言感想その1 >>