2006年 01月 05日

古畑任三郎ファイナル!

1月3日で冬休みが終わり、仕事が始まった。
仕事。。。仕事。。。仕事。。。

もういいや。よし。死のう。

と、思ったのだけど、ちょっと待て。
古畑任三郎が3、4、5日とやるじゃないか。
それを見なければ死んでも死にきれない。

そんなわけで命日を先延ばしにして、
3夜連続、古畑任三郎ファイナルを見た。
その感想を書いておこう。

全体的に、結構面白かった。

イチローの出ていた第二夜を除いて、
かなりトリックがしっかりしているのにビックリ。
ストーリーをひっくり返すポイントもあって、
オチとキレのある、よくできた脚本だった。

トリックがしっかりしているといっても、
厳密にはいろいろな小説で使われているやつの
寄せ集めだったりするけどw

でも、古畑はトリックの斬新さを見せるのではなく、
古畑がどう犯人を追い詰めるか、を楽しむ作品だから、
そのあたりは別に問題なし。

各話の感想でも書くかな。

「今、蘇る死」

三本のなかで一番、面白かった。
古畑の醍醐味は、古畑と犯人の心理戦なのだけど、
この話が一番スリリングに描かれていた。

最後のどんでん返しは読み切れなかった。
それも評価を高めている。

古畑シリーズでこのパターンは
なかったんじゃないかな? 完全に
想定外で裏をつかれた。

ラストの展開は「なんだってえ!?」
と驚いてしまったよ。。。

あの展開を先読みで当てる人は、
もはやニュータイプだと思うけどね。
最大のヒントは、配役だったかw

「フェアな殺人者」

イチローが出演と話題になった話。
残念ながら、脚本は。。。w

仕方ないさ。古畑ファンのイチローに
ダメもとで依頼したら、あっさりと快諾されてしまい、
急いで脚本を練り直したんだろうからねw

トリックらしいトリックもないし、
フェアに固執するイチローの犯罪美学はちょっと
常識から飛びすぎていてついていけない部分があった。

この事件は、古畑とイチローという両天才の
高潔な知能戦を表現したい、というのが主軸のようなので、
それはそれでよしかな。セリフもそれを意識したものが多い。

> 「世界最高の肩をもつ男が犯人だ」
> 「古畑さんは最高の警部だ」
> 「でも、私はそんなマネはしません。必ず自白させます」

とかね。

この話は「あの」イチローが出演したというだけで
価値がある。多少、イチローに気兼ねしてか、かなり
美化した表現が多いけど、そこは仕方ないw

イチローの演技だけど、素人にしてはウマイ。
棒読みでもないし、かといって感情が入りすぎていない。
微妙な表現ができているのが良い。

ちなみに、セリフの暗記も完璧だったそうだ。
本気で、俳優を目指してもいいかもねw

「ラスト・ダンス」

これもなかなかミステリしていた。
トリックも双子の特異性を活かしていて、
けっこう頑張っている。

トリックの手の込んだ感じはこれが一番という気がするけど、
犯罪パートの描写が長くなったためか、肝心の古畑と犯人の
やりとりが少なかったのがちょいと残念。

今回もラストにどんでん返しが用意されているんだけど。。。
第一夜と違い、今度はきっちりと「ご苦労様です」。
犯人が犯行する直前にビシッと指摘しておきました。
なので、これといって驚かずに終了。

この点に関して、ちょっと露骨なほどにヒントを
バラまいていたから気づけたんだろうねえ。
伏線の張り方って難しい。。。

ここを気づかずに最後を迎えていると評価も
また変わったかもしれない。

面白い、というより、洗練されているという感じのお話。
全体的に「おしゃれ」な雰囲気が漂っていて、古畑を
締めるにふさわしい話だった。

まさか、相手のウソを見破るために、ダンスするとはねえ。
あの序盤のダンスが伏線とは。面白い展開だよ。うん。

。。。
という感じかな。
古畑のスペシャルって、最近は「う~ん。。。」と
微妙な感じを受けたものだけど、今回のは面白かった。

最後にふさわしい三本でキレイに締まったね。
終わっちゃうのは残念だけど。。。おそらく、
最後だから、三谷幸喜氏も気合いいれて書いたのかな。

え?
古畑が終わったから、死ぬのかって?
いや、明日、出社したら三連休だしねえw
[PR]

by netnetnet_78 | 2006-01-05 23:07 | テレビ番組


<< GNO2・今年初のGNO2!      2006年1月スタートのアニメ >>