2005年 12月 27日

Play Push Talk! のCMがとても悲しい件について

Play Push Talk! はドコモのケータイの
機能で、大勢と同時に通話ができる代物
らしい。らしい、というのは、CMから
受けた印象だけだから。

そのCMが何度見ても悲しくなる。

主役のお兄さんが「Play Push Talk」の機能で
お友達たちに一斉通話するシーンから始まる。

「みんなでラーメン食いに行かない? どーぞ」

それに対する友人たちの返答がすごい。
「またラーメン?」
「濃い味はもうイヤ」
「ラーメンなんて一人でいけ」

ちょ、お前ら、いい友達すぎwwwww

最後は主役が「みんなで食べたほうがうまいじゃん」
みたいな主旨の発言をスネ気味にボソッと
つぶやいて終わる。

ごめんなさい。
Play Push Talk! を使った明るい未来が見えません。
友人に袋だたきにされるのが売りの機能でしょうか?

せめて、
「遊びに行こうよ!」
「ごめん。山田と遊ぶ予定が」
「いいじゃん、山田も連れてこいよ!」
「どこいく?」
「ボーリング!」
「カラオケにしようせ~」
「てか、昼飯どこで食うんだ?」
。。。

といった感じで、こうみんなで
わいわいとお話ししている感じの作品に
すればいいのに、と思ったのは、私だけ?

そんな感じで、このCMを見ると、彼の心に
深い友人不信の傷がつかないか不安で
仕方ないこのごろです。

ところで、CMだと「どーぞ」と語尾につけているけど、
あれは、トランシーバーみたいな1Way通信なのかねえ?
今の時代、それはないと思うのだけど。。。
気分でつけているのかねえ。どーぞ。
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-12-27 21:57 | テレビ番組


<< HDDレコーダーがとてもとても...      映画・ザ・コア感想 >>