2005年 12月 26日

映画・ザ・コア感想

停止した地球のコアを再動させようと
科学者や宇宙パイロット達が地中深くへと
潜行し、核爆発によってコアを再起動させるという
なかなかスケールの大きい話。

こういう話の王道どおり、ミッションチムメンが
順々にバシバシ死んでいくわ、時限爆弾イベントやら
最後の最後で手の内なくてどうするよ!
みたいな、なんていう絵に描いたような
ディスイズ、ハリウッド、テイスト!

脚本がハリウッド計算で最適化されている
娯楽作品として楽しませてくれるね。

中身がないのは
ハリウッドテイストの仕様なので、

その点は残念至極だねw

見ていて、ふと脳裏によぎったのは。。。

1.
水晶の谷に落っこちて、船体が水晶に
ひっかかって動けない。そこにマントルが
天井から降り注ぐ!

やばい! はやくしないと!

いやいや。マントルで水晶溶けるから
船体に隠れとけばええやんw

2.
数センチ、数秒のズレもなく、
5発の核爆弾を計算通りに爆破する!
とかいうスゴい計画を立てるのだけど。。。

マントルの対流があるところに、
コンテナをヘロっと手動で切り離して、
よく絶妙な処理ができるねw

3.
最後の爆弾の爆発量が足りないため、
主役は燃料のプルトニウムを追加して爆破力を
ブーストしようと船体を止めてしまう。

その止まった場所=最後の投下ポイントなのだけど、
運転士と通信もせず、よくジャスト投下ポイントに
いるってわかったね~すごいね~。。。

数センチのずれも許されないのにwww

4.
行きはレーザーで掘り進みながら
進んでいたのに、帰りはレーザーが
使えないのにどうやって帰ったの?

同じルートをたどったようには
見えないのだけど。。。てか、
あの展開ではムリでしょ?w

5.
所持している核爆弾の量では
コアの再起動ができない!
計算を間違ってしまった!

撤退命令を聞かず、ここで
踏みとどまって作業を完遂する!
と言い切る主役達。カッコいい!

。。。カッコいいかな?w
明日滅びるわけでもないんだから、
一回出直して確実な方法とればええやんw
どうせ1日2日の旅なんだからさ。。。

などなど。。。
疑問点をまったく感じさせない
ハリウッドの勢いはすごいな~と
思う今日この頃でございますねえ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-12-26 00:09 | 映画感想


<< Play Push Talk!...      ファンタジーアースの発売日と3... >>