2005年 12月 12日

愛ゆえに萌えず

ずっと気になって仕方なかったことがある。

まさか? いや、ありえぬ。しかし?

そんな考えがグルグルと回りながら、
12月12日の日を待っていた。
運命の審判がどうくだされるかドキドキしながら。

そして示された答えは。。。
愛だった。

セーフ!
セーフですよ~みなさん。日本という国は、
まだ捨てたものではありません!

何の話かというと「今年の漢字」。

12月12日は漢字の日らしい。
どこかの偉い坊様が公募で選ばれた
「もっとも今年にふさわしい漢字」を書く。

今年選べれたのは「愛」だった。
はい。そこ、笑わないw

でもな~。愛かよw
なんというか、北斗の拳かよ、お前はw
と言いたくなる言葉だねえ。。。

純愛ブームを考えれば、適切な単語では
ないでしょうかねえ。紀宮さまも結婚したし。

そうそう。
劇場版Zガンダムのテーマも「愛」だったこと、
ほんの少しでいいから思い出してくださいね^^

オニミキは、別の単語が来るのではないか、
と冷や冷やしていた。

その単語とは。。。。
「萌」!

何というか、萌えという単語は今まで一部の方々のみ
に伝わる隠語だったのですが、今回、電車男でブレイク
して一気に市民権を得たのですねえ。

今では、意味はよくわからなくても聞いたことある
人はたくさんいるんじゃないでしょうか。
流行語大賞にもノミネートされていましたからねえ。

萌えが今年の漢字に選ばれたら、日本はダメかもしれんw
と思っていたけど、どうやらその最悪のシナリオは、
何とか回避されたらしい。ひょっとすると、
選考者の神の手が入ったかもしれないけどw

ただ、どうにも「萌え」という状態が理解できない。
恋愛感情とはまた異なる感覚だそうだ。

オニミキの友人の後輩に、自在に「萌え」状態へと
移行できる人間がいるらしい。その人の発言を引用すると
「萌えは萌えっすよ~」とのこと。

だから、なんだよ、萌えってw

推測するに、猫好きの人間とかが猫を見たときに
「はきゅ~ん☆」となる感覚ではないかと。
猫好きは猫に萌えていると思うのだが、この
推論は当たっているのか不明。

てか、オニミキは萌えないし、
猫好きでもないからねえ。。。

ところで、萌えなんて単語はどこから
生まれたんだろうね。

若葉が萌える、なんて使うけど、
それとは全く関係ないしねえ。。。
昔からあったのかねえ。

「おう梅さん。おれっちはよー、
 女形の水島に萌え萌えだよ!」

みたいに、江戸時代の江戸っ子達も
萌えていたのかねえw
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-12-12 22:06 | 雑記


<< 本日のロールアウト:ガンダム・...      GNO2/セカンド第二クール開戦! >>