2005年 11月 05日

機動戦士ZガンダムII 恋人たち

香取慎吾の番組で、月イチゴローというコーナーがある。
稲垣吾郎が香取の推薦する映画を5本観て、ランキング
するコーナー。「俳優なのに、大丈夫?」というくらい
辛口の批評が面白い。

今月の1シーン。

稲垣(5本の候補作を眺めながら)
「今月はねえ。何か微妙じゃないですか。これといった
 話題作がないんですよねえ」

アナウンサー
「香取さんも迷ったみたいですよ。この映画とZガンダムの
 どっちを入れるかでZガンダムを外したらしいです」

稲垣(目をむいて興奮気味に)
「Zガンダム!? Zガンダム候補だったんですか!?
 決定です。Zガンダム! Zガンダム1位!
 なんで外すんだよ~。僕、映画館で観ますよ!」

稲垣、テラワロスwwwww

そんなわけで、稲垣吾郎も大注目の
ZガンダムII を観てきた。

ZガンダムII といえば、
フォウ事件がある。

詳しくは昔の記事で書いたけど、
主要キャラのフォウ・ムラサメの
声優交代でモメごとがあったのね。
そのときは、前の声優さんカワイソと思ったが。。。

フォウ、まったく出番アリマセンからァッ!!
開始15分で、さくっと死んじゃいますからぁっ!
てか、作品的にいてもいなくても一緒ですからぁっ!

ざぁんねえええええええんんんんん!!!!!

そりゃないよ、富野御大orz
前の声優さんも、この程度の出番と知っていたら、
わざわざ騒がなかったかもね。。。

フォウの心を演じたい。と彼女は言っていたけど、
フォウの心は。。。描かれてなかったようなw

きめ細やかな心理描写など、まったくないので、
正直、あのあたりのフォウやカミーユの言動には
ついていけません。。。

今回もカミーユはカッとんでいる。

1.
フォウと戦闘中、ハッチを開かせてサイコガンダム
のコックピットに潜入する。

そこで自分の両親についてべらべらと語り出す。
延々と語った後、「俺は何を言っているんだ?」
と正気に戻る。

2.
一生に一度の恋くらいのフォウを失ってすぐ、
ファとヘルメットごしにキスしようとして、
二人でけらけら笑う。

3.
フォウに首ったけで、アムロにさんざん
「入れ込むな」と注意されていた身を忘れ、
サラに入れ込むカツにお説教する。

4.
逃げようとしたサラに当て身を喰らわせて、
「いつでも逃げられたのに、なぜ逃げない?」
逃げようとした人を気絶させたのは誰かな~?w

ちょっと落ち着け、お前w

カミーユだけが変だと思っていたら、
エウーゴ自体がダメだった。

エウーゴのこれからを決める作戦会議。
重要な会議に一言も発言せずにパソコンを
ずっと眺めているブライト。

パソコンをのぞき込むと。。。
熱心にファミリービデオ観てるよ!
や る 気 あ り ま す か?

ヘンケンはヘンケンで、「私だと私情が
入るからカツを預かってくれ」という
ブライトの意見に

「エマ・シーン中尉と一緒ならOK」

と私情噴出の交換条件を出す。
いくらお前がエマ好きだからって、
そりゃないだろw

お前ら、もうっちょっと真剣に仕事しろw

特にヘンケンはヤバイ。ヤバすぎる。
エマ中尉にベタ惚れなのはわかるが、
視線がヤバすぎる。あの視線はマジでセクハラ。
訴えたら負ける。マジヤバイ。

あの視線を見るためだけに、映画を
見ても良いくらいに、ヤバイ。

エマをすくうためにクルー全員の命を犠牲にして
戦艦で盾になるバカ艦長だから仕方ないか。。。

人材不足という点ではティターンズも負けず劣らず。

負け犬、連戦連敗、100戦100敗の勇者
ジェリドが閑職に回らないのはZガンダム7不思議の一つ。

彼は今回も味方を犠牲にしてしぶとく生き残る。
「俺のために無理はするなよ」と彼が自己陶酔の
一言を口にした瞬間、相方に死亡フラグが
たったのを、見逃した観客はいないはず。

彼よりも今回のダメットさんは、
やっぱりサラ・ザビアロフ。

そもそも、潜入作戦を二回して、
二回とも同じ人員を送り込むのはどうかと。
面モロバレじゃないのさw

ジェリドが殺しまくっているから、ろくな人員がいないのは
わかるけどさ。。。サラもどうかと。

面モロバレの杞憂が当たり、カミーユにあっさりと見つかるサラ。
そしてソフトクリーム一本の買収で、
さくっと爆弾設置をバラす。

をいをい。。。
工作員としての意地を見せろよ!

なぜか口を割ってから逃げ出そうとするサラ。
そこへカミーユはアマレスラーばりのタックルを
敢行して押し倒し、「死なばもろともだ!」と
叫んで、本気の一撃をみぞおちに叩き込んで
サラを失神させる。

もうビックリしたよ。カミーユ容赦ないよねえ。
男性主人公キャラが女性キャラにこぶしを
叩き込むシーンなんて、なかなか見られないよw

何というか。。。
マトモな人はいないのかねえ。。。

他にも

・MSを撃沈されて、空飛ぶイスで脱出する
 ロザミア。なぜか逃げ延びれたらしい。
・決死の覚悟で宇宙に行ったはずなのに、
 なにもせずにアフリカに降下しているクワトロ。
・作戦を受ける交換条件としてクワトロに
 キスをせがむレコア。
・一発でシロッコの戦艦を落とすと豪語して
 ハイメガランチャーをはずしまくるクワトロ。

もう。。。ダメぽ。。。
富野御大のスパークはある意味、奇跡。
次のタイトルも「星の鼓動は、愛」。
なにか人には見えないものが見えるのかな、御大。。。

最後、ガザCに乗ったハマーン様が
出てきて終了。もうハマーン様に期待かな。
頼む! あなたはマトモであってくれ!w
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-11-05 10:28 | 映画感想 | Comments(2)
Commented by 下足 at 2005-11-06 00:54 x
へそ!

まさかハマーン様の声も変わってるとか言うオチはないでしょうね^^

DVD1巻購入。やっぱりいろんな意味で違和感が拭えないな~
Commented by オニミキ at 2005-11-06 11:41 x
> ゲソさん
ハマーン様の声は変わっていないのでご安心を^^
ここが変わっていたら、フォウ以上の祭りになりそうですねえ。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< アロアロアロアロアロエロア~♪      ついに。。。新カード。。。! >>