2005年 10月 19日

車輪デッキ講座のコピペ

某掲示板にのっていた
「蜀単・車輪デッキ覇王肘○氏」の車輪デッキ講座のコピペ。

> 601 名前:肘〇 投稿日:2005/10/18(火) 16:02:18 cG+1MIbc
> 車輪デッキ戦術その1
> デッキは俺の三兄弟+張松を前提にします。張松→Rホウ統、甘皇后は勿論、UC張飛→趙雲といった
> 変更だけでも立ち回り方に若干の違いが出るので、ご留意ください。
>
> 序盤(攻撃編)
> まずは地形、相手の武力と攻城効率、兵法を予測して攻守を判断します。
> 明らかに攻城効率で上回る相手じゃなければ大抵攻めますね。車輪は攻めてこそ真価を発揮するデッキですし。
> 攻め込む際ですが、
>  劉 ~松    劉 関
> 関 張   や   張 ~松
>
> みたいな槍兵同士でお互いを援護する三角陣形が基本となります。こうすることで敵将の掃討速度
> とこちらの武将の生存率が一気に高くなります。
> 離れ過ぎると援護が届きませんし、近過ぎるとまとめて乱戦になるので距離感を大切に。
> あとは手動車輪&ワイパーの精度と兵力管理、増援のタイミングが全てを決します。
> 騎馬の端攻めなんかはどうせ大した城ダメージじゃないので無視。歩兵は張松の連突で始末するのが理想です。
> もし攻城ペースで上回る自信があるなら騎馬以外の端攻めも無視で構いません。
>
> 弓主体のデッキなら端攻めに切り替え、
> 例:左詰め  関~松
>        劉張   
> といった陣形で攻め、攻城要員(劉備)に弓を浴びせないように行くのを基本にしています。
> 端攻めをすることで弓が固まりやすくなるので、挑発の効果がかなり高くなるのもこの攻め方の重要ポイントです。
> 逆端を攻めてくる武将と兵法連環への注意は必要ですけどね。
>
> ここで失敗してもまだ攻めるチャンスが来るかもしれませんし無理をし過ぎるのも問題ですが、やはり車輪デッキが一番強い状況なのでここで攻城したいところです。
> 攻城リードさえ取れればあとは常に引き際を考えて無理をしないように。最低でも関羽、張飛
> のいずれかと張松は生還させないと反撃で逆転されるかもしれません。
>
> 計略は張り付いた後に号令で押し込むのが理想ですが、臨機応変に挑発や大車輪戦法も選択肢に入れておきましょう。
> 号令は大徳を基本に余裕があれば車輪号令、といった感じでいいと思います。号令の効果は車輪に分があるかもしれませんが、マウント状況から咄嗟に使える大徳が必然的にメインになるでしょうし。
>
> 605 名前:肘〇 投稿日:2005/10/18(火) 16:35:55 cG+1MIbc
> 車輪デッキ戦術その2
> 序盤(防御編)
> 開幕終了系のデッキ相手なんかだと序盤は守勢に回らざるを得ません。
> 相手に騎馬がいない場合は、張松を適当に攻城に行かせても良いでしょう。
>
> とにかく無理をせず手動車輪をしっかり決め、確実に攻城要員を始末します。
> 前バージョンよりは守りやすいので各種基本をしっかり守っていれば何とかなるはずです。
>
> 中盤(防御編)
> 車輪の正念場その2。序盤に攻めていれば、必然的に守勢に回っているでしょう。
> 相手の運用に隙があれば張松で崩しに行って、防御時の負担を減らして行くと良いでしょう。
> 積極的に張松の挑発でプレッシャーをかけることは全局面で重要になるので常に意識です。
>
> 攻められると、部隊の少なさと機動力の低さが相成って挑発でも使わないと安全に攻城要員を抑え切れない場合も多いです。
> ここで、わざと攻城を通すという選択肢が重要になってきます。
> 序盤に攻城が成功していれば中武力以上の槍の攻城が入っているはずですので、大抵の攻城なら一発ぐらいは無視できます。
>
> 火計持ちに城に張り付かれたら、適当な槍を出して連続乱戦で強引に沈めても良いですね。
> 天啓等、武力的に対応しきれない攻めが来た場合は挑発の出番です。
>
> 序盤に攻城が入っていないと色々と辛い状況ですね。騎馬を優先的に倒して張松で攻城に行くのも有りです。
> とにかく攻城ダメージをしっかり計算して丁寧に処理しましょう。
>
> 中盤(攻撃編)
> 序盤に守勢に回っているとこうなりますが、火計持ちなんかがいるデッキ相手だと嫌な状況です。
> もしリードされてRホウ統みたいな大規模妨害計略持ちに待たれると詰みに近い状況にorz
> ・関羽+αを先行させ、やや離れた位置から大徳で強化して血路を開く。
> ・槍兵を横一例に可能な限り広げ、ギリギリまで引っ張って車輪号令or挑発連打。
> みたいに相手に合わせ、臨機応変な運用を。厄介な計略持ちを挑発で引っ張れそうならドンドンやりましょう。
>
>
> 608 名前:肘〇 投稿日:2005/10/18(火) 16:59:02 cG+1MIbc
> 車輪戦術その3
>
> 終盤
> ここまで来るとほぼ趨勢は決しているのはあまり書くことはないですw
> お互い攻められる前に攻めるか、守勢に徹する判断を誤らなければ状況はそうそう動かないでしょう。
> リードされていたら機動力の無い車輪は絶望的orz
>
> その他
> 序盤の配置ですが最も重要となる柵持ちの関羽の位置は城門前でほぼ問題無いです。
> ただし、関羽を敵陣側にして城と柵を密着させるのはお薦めできません。
>
> 関羽の柵は城門を守るためではなく、城に接近する時間を稼ぐ役割と騎馬への牽制、張松のサポート等の
> 色々な役割があるので上記の方法で柵を置いてしまうと城を守る以外の用途では使い辛くなってしまいます。
>
> 手動車輪も回転式、ワイパー式のいずれかではなく、状況に応じてこの2種の方法を使い分けられると心強いですね。
>
> 631 名前:ゲームセンター名無し 投稿日:2005/10/18(火) 21:12:39 Ro4LZ+A5
> >>肘○氏
> 最近車輪デッキにも手をつけてきたものですが、
> 601の弓主体デッキの対応で
> 開始時逆端を攻めてくる武将に注意するというところがどう注意すればいいか思いつかない。
> 攻城リードしつつ最低でも関羽or張飛と張松を生還させるというところが
> 調子がよくて一発殴って張松だけ生還、悪いと一発も殴れず全滅→カウンターで即落城されたりorz
> ここのところで何かコツとかあれば教えてほしいです。
>
>
> 640 名前:肘〇 投稿日:2005/10/18(火) 22:28:12 rJtpIAKV
> >>631
> やはり張松ですね。明らかにそういう動きが見えた場合は、とりあえず挑発を打って
> 槍の負担を減らしてから自陣へ戻ることが多いです。
> 連環を警戒し、張松の逃げるルートは高武力槍の近くを通過、槍は挑発された弓達を削り殺します。
> とりあえず劉備さえ張り付いて高武力弓を処理できれば2~3発は殴ってくれるので、
> 端攻めでそれ以上殴られなければOKです。張松の援護を行った槍はそのまま帰還してもいいです。
> 他の槍は残った弓達への牽制に。
> もし曹植入り麻痺矢の場合は無理せず最初は柵を壊して道を作り、最大士気差を利用して
> じっくり戦った方が安定した結果が出ると思います。
>
> あと、弓のダメージは比較的特定武将に集中しやすいので、増援のタイミングを高望みしないのも重要です。
> 不利なデッキには違いないので、ある程度負け越すのは仕方ないんですけどね。

。。。
覇王で一番気になる人はだれ?
と聞かれたら、答えは「肘○氏」。

なぜなら、どうやって勝っているのか
本当にわからないから。

「SR劉備1、R関羽1、UC張飛、Cチョロ松」

大徳と車輪があるけど、一撃必殺と呼べる威力はない。
さらに運用の点で不利な槍デッキ。
しかも、イマイチといわれるR関羽1を使って。。。
よくぞ覇王まで上り詰めたものだ。

本当にスゴイと思う。

大徳も車輪も今バージョンから強化されたので、
さらに強くなるんだろうねえ~。

ぜひ、車輪道を貫いてもらいたいものだね。

え? 自分?
R関羽は一回で挫折しましたorz
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-10-19 23:58 | 三国志大戦 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 悲哀は続く。。。      盗作? オマージュ? 参考? ... >>