2005年 09月 09日

三国志大戦備忘録 vol.33

オニミキ@デュエリストの三国志大戦プレイ記録

1.今日のデッキ
以前の傾国デッキから太史慈を抜き、周泰にした。
b0028685_05038.jpg


1.R 周泰 (シュウタイ・槍・7/4)◎◎ [柵]漢の意地4
2.R 徐盛 (ジョセイ ・弓・6/7)◎◎ [柵]麻痺矢戦法4
3.R 程普 (テイフ  ・弓・5/6)◎○ [柵]遠弓戦法4


4.SRチョウセン(チョウセン・歩・3/8)◎◎ [魅]傾国の舞7
5.UC周倉   (シュウソウ・槍・3/1)◎  [復]強化戦法4

カウンターだけなら周倉だけで充分、
というかかなり優秀なのだけど、
馬が2体いたらどうしよう? 
という不安感から、周泰を入れてみた。

以前のようにこちらに届く前に射殺、
ということはできなくなったが、
柵3枚+槍2枚はなかなかの防御力。

特に良いのが、槍を構えているため、
相手の馬が攻めあぐねること。

普通のデッキなら、特にオイシイわけでも
ないのだけど、こちらは傾国デッキなので、
踊っている最中の時間稼ぎはなかなかイイ。

というか、相手が焦るのが想像できて、
ニヤついてしまう。こういう
真綿で締め上げるようなネチネチした戦い方が
面白い。

踊った後の士気が切れた瞬間がコワイのだけど、
対戦した感じでは、相手が息切れしたときに
踊れば、相手が部隊を立て直す間に士気が貯まって
いい感じになる。相手の攻勢が激しければ、
連環という手段もある。

苦手なのは開幕乙デッキと騎馬デッキ。
開幕乙は柵を置く場所の読みがはずれると
一方的に踏みつぶされる。騎馬デッキは
負けなくはないが、泥仕合になりやすい。

傾国デッキ、わりと面白い。
ただ、強化計略ばかりなので、
チングンがいると厳しいんだろうね。
まだ、出会ったことがないのだけど。

ちなみに、デッキ名は『美女と帽子スキーデッキ』。
テイフが微妙だけど、みんな帽子かぶってるね。

2.今日のカード

・Rホウ統(ホウトウ・槍・1/9)蜀◎[伏]連環の計6

アクア君からもらったカード。
コスト1の伏兵がゴッド。というか、
蜀には彼しかコス1の伏兵がいない。

世の中はススメロックのSRホウ統の
ほうが大人気だが、彼も優秀ではないかと。

号令やら天啓を止めるだけなら、
一応、彼でもいけるからねえ。

3.今日のベストバウト

・蜀:R趙雲、R黄忠、Rジョショ、
 他:UC公孫讃、C張梁

ちと、C張梁かどうか記憶にない。
公孫讃なんて、初めて見た。

地形は左半分が山という、弓柵デッキ
には有利な地形。こういうのを見ると、
負けると恥ずかしいので、ちょいと
プレッシャーがw

落雷を落とされるが、ジョショも
テイフもインテリなのでたいして
ダメージを受けない。

せめて、固めて落ちればねえ。。。
このあたりのランダム性が
落雷のいたいところ。

普通に有利に試合を運ぶ。
踊ってガシガシと削る削る。
途中でチョウセンが殺されるが、
それまで削りまくっているので
余裕のセーフティリードを保つ。

ラスト20カウントくらい。
相手が城壁前でぴたっと集合する。
あまりにも停止しているので、
通信障害か? と思っていたら。

いきなり公孫讃の顔!
白馬陣キタァァァァァァ!!!???
初めて見たよ、この計略。

文字通り、超高速で特攻する
敵の部隊。は、はやい!?
お前は赤い彗星か!?

悪地形があったのだけど、
何かそれ無視してなかったかな?
馬が一瞬で間合いを詰めたのだけど。

ところがどっこい。
こっちには麻痺矢がある。
ギリギリで足を止めて何とか
しのいだ。

正直、びっくりしたよ。
まさに弾丸のようなスピードで
カットんでくるんだもん。。。

・魏:SRチョウリョウ、SRホウ徳、UC曹仁
 魏:R楽進、SRカク


序盤はお見合い。
こっちも動かなければ相手も動かない。

どうも伏兵がいる相手は、伏兵を前線に
移動させるまで待機し、こちらの周泰を
踏ませようと騎馬でうろちょろすることが多い。

ばっちり、踏みましたけどね!
まあ、次からは周倉で踏むようにするさ。

そんなこんなで、泥仕合が幕を開ける。
傾国でバシバシ削るが、こっちも戦線を
支えきれず、攻城を許してしまう。お互い、
攻めきれないまま、終盤戦へ。

ラスト20カウントで城のHPは
こちらがけっこう負けている。

起死回生を狙い、再び傾国の舞を踊る。
少しずつ相手の城のHPを削る。

そうはさせじと相手のR楽進が特攻してきて、
そのままチョウセンと乱戦。死ぬかと思った
チョウセンだったが、周倉の援護が間に合い、
な、なんとHP1mmで生き残る。

そのままビシバシと削る。相手の主力は
すでに全滅。こちらは弓を進ませ、一発だけ
攻城をいれることに成功。

そして、0カウント!
鼻の差で相手をかわして、勝利!

完璧な逆転勝利。
こんなに興奮した逆転劇は久しぶりかも。

4.おまけ

今日は先輩のプレイを見ていたのだけど、
尋常じゃない腕の動きをしていた。

騎馬を常に動かし続け、隙を見て城壁を狙い
槍を回転させて手動車輪! みたいな。

すさまじい腕の動きに、三国志大戦は
アクションゲームだと認識したw

ちなみに、オニミキの傾国デッキは
防御主体なので、ほとんど動かさない。
相手が動かないと、15カウントくらい
ぼんやりとしていることもあるw

まあ、楽で良いんだけどね。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-09-09 23:06 | 三国志大戦


<< チャーリーとチョコレート工場・...      第5+クール[2日目]第一次降... >>