2005年 08月 18日

三国志大戦備忘録 号外16

三国志大戦がバージョンアップするそうだ。

バージョンアップする場合、あちこちでロケテという
現地テストをおこなう。それが終わったそうで、どんな
修正が加えられたかが、三国志大戦 Wiki ミラー
まとめられている。

それぞれにコメントを加えていこうかな。
ちなみに、ロケテはβ版みたいなものなので、
実際にどうなるかは瀬賀のみぞ知る。

・システム

> 騎兵の突撃ボーナスダメージが増大?
> 騎兵は地形効果を受けにくくなった??

全体的なシステム変化の目玉。
騎兵が復権。おそらくは弓が強いことへの
アンチテーゼと思われる。

ただ、語尾に「?」がついているので
実際はどうなんだろうね。

弓が強いのはともかくとして、騎兵は今でも
弱いとは思わないので、また騎兵時代がくるのかな。

> 槍兵の迎撃ボーナスダメージが減少?
> 挑発:知力依存が大きくなり、許チョでは使い物にならないくらいに

で、瀬賀さん。いつ槍の時代がくるんですかorz
槍はちょい弱体化。許チョの挑発が無力化されたそうだ。

赤いカードだと許チョが必ず入っているくらいに
許チョっているシーンなので、弱体化は正しい。
武力9の槍+ジュンイクのコンビはそれでも強い。

とはいえ、死に計略になるのもねえ。。。
どの程度か、がポイントなんだろうね。

> 計略対象の知力を表示
> 武将使用率ランキング:20位まで表示
> 君主ランキング:地方別ランキングが新設
> リプレイに店内頂上対戦が追加
> 30日間カードを使用しないと、ランキングから名前が消える。プレイすれば復活
> サブタイトル:「乱世の群狼」表記

サブタイトルがつくので、新カードがでるのでは?
という噂がある。最近は人も減り気味のようなので、
起爆剤になるかな?

・ 魏
> 雲散の計:効果範囲が縮小(中円→小円)

雲散の弱体化。当然かな。

このゲーム、蜀と呉は強化計略がかなり多いので、
雲散があるだけで、かなり厳しかった。

士気3で後出しで効果のある計略なのだから、
小円でも充分に使えるんじゃない?
単体強化なら充分に殺せるしね。

> 隻眼の睨み:効果範囲が大幅に縮小(右目寄りになったのはver.1.003途中から)

これも当然と言えば当然。
武力7・知力7、勇猛・魅力・キラー計略完備と狂った性能
だった。計略がそこそこでも普通に使えるカードじゃない?

ところで効果範囲、右目よりになってたのねw
そのあたりのこだわりは見事。

> 悲哀の舞い:悲哀の効果時間が短縮(10c→9c)
> 特攻戦法、特攻の大号令:武力上昇値が増えた(+2→+3)
> 覇者の求心:効果時間が延長(8c→8.5c)、計略種別が「英傑号令」に
> 水計、大水計、水計連破:範囲が手前に
> 浄化の計:効果範囲が拡大(大円)

このあたりは、微妙な変更。
水計の範囲が手前になったそうだが、噂では自城にはりついた
兵は流せないらしい。。。流せたら強すぎるんだけどね。

特攻戦法の武力アップはうざそうだね。
ホウ徳が使うと武力11か。。。

> 玄妙なる反計:効果範囲が縦方向に長くなった、がロケテ中に元に戻る
> 離間の計:武力低下が減少(-4→-3)ロケテ中に再度変更(-3→-4)

このあたりは、一瞬変わったけど、また戻ったらしい。
離間の計、瀬賀的には、まだ強い計略だったのか。。。

個人的に、今度のバージョンアップでもう少しマシになると
思っていたのだけど。あの範囲で士気6は高すぎるのでは?

・蜀

> 白銀の獅子:効果時間が延長(5.5c→6.5c)
> 一騎当千:武力上昇値が増えた(+6→+7)
> 劉備の大徳:計略種別が「英傑号令」に。効果範囲が拡大(大円)。効果時間は8.5c

え~と。。。
蜀の調整、これで全部だそうですorz

蜀のエースは、RもSRも馬超なので、このあたりが
強化されたのは大歓迎だけどね。。。

蜀以外は弱体化が目立つので、相対的に強化された
といえなくもないかな?

追加カードに期待かなあ。コスト1にいいカードを。
あるいはコスト2.5に槍を。コスト2にダメージ計略持ちを。
このあたりが来たら、デッキに融通が利くのだけどね。

ところで、君主の号令が、英傑号令という種別に変わっているのだけど、
何かいいところがあるのかな? 今のところ、『後方支援』よりも
使い勝手が劣っている気がしてならないので、頑張ってもらいたいところ。

・ 呉
> 天啓の幻:効果時間が超短縮(11c→7c、教え天啓16c→10c)
> 天衣無縫:効果時間が短縮(7c→6c)

このあたりは当然。天啓は狂っていた。
フィールドの真ん中で発動したら、対抗手段が
なければ、たいてい乙になる。

これで、猛威をふるった呉バランスデッキの数も
減ってくれるだろう。

> 最後の業炎:前方と後方の効果範囲が短くなった
> 火計:後方への効果範囲が短くなった

業炎が弱体化。確かに、後ろの範囲が広いね。
一度、背後から襲撃していた馬超が焼かれてブルーに
なったことが。。。

前にどの程度、短くなるかがポイントだけど、
威力がそのままなら普通に使えるんじゃないかな?

> 奮起戦法:回復量が増加(5割)
> 若き王の手腕:計略種別が「英傑号令」に。効果時間は8.5c

このあたりは、微妙な感じ。
Mr.奮起戦法のSR甘寧は、ちょっとやそっとでは
日の目を見ないよ、瀬賀さんw

個人的には、攻城兵に柵や櫓は一撃で破壊、
くらいのおまけがあってもいいような気もする。。。

・ 他
> 黄巾の群れ:回復量が減少(全回復→5割回復)
> 降雨:効果時間が短縮(40c→35c)

黄巾の群れの弱体化は正解。
張梁の性能が狂っていたのでね。

彼はコスト1、最強の攻城部隊だった。
コスト1.5でも普通に使えるよ。あれは。

5割回復になったけど、
それでもコスト1武力5は強いよね。。。

・まとめ

バージョン1.02環境は、馬の時代とすると、
1.03はパワーカードの時代だった気がする。

R許チョ、SR周ユ、R孫堅、C張梁。

このあたりをどう組み込むかという感じ。
上品だとSRシン皇后が多いそうだが、
低品なので、あまり見かけないorz

なので、デッキのバリエーションが乏しく、
3回に2回は許チョ入りデッキ、2回連続で
孫堅入り呉バランスとあたることもよくあった。

多少、というか、かなりデッキに偏りが
あるのが今のシーンではないかな。

そんなパワーカードが片っ端から
弱体化を食らったので、いろいろと
デッキのバリエーションが増えるのでは
ないかな~と思う。1.1環境は楽しみだね。

ただ。。。
弱体化が目立つよね。カードの特徴が
なくなっていかないかな~というのが、
多少、不安ではある。
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-08-18 10:58 | 三国志大戦


<< 第5クール[7日目]北米降下作...      第5クール[6日目]北米降下作... >>