2005年 08月 10日

ハマの大魔神が引退登板

ハマの大魔神こと、横浜のクローザー佐々木投手が
引退登板した。

テレビ番組で清原と会談したとき、佐々木は
「俺の引退登板は清原にしたい」と言っていた。

清原のいる巨人戦、地元仙台のゲーム。
佐々木としては、ここしかないという
タイミングだったのかもしれない。

チームがAクラス争いをしている、
シーズン真っ最中のなかの、我意を通した
異例の引退登板は賛否が分かれるだろう。

この人の横浜への貢献度を考えると、
それくらいは目をつぶっても。。。
という気もする。

全盛期はすごかった。
横浜戦は7回までに同点以上にしとかないと
ダメだった。

9回は頭から、8回はピンチになったら、佐々木が
出てきて、ストレートとフォークをガンガン投げて、
あっという間に逃げ切る。

満塁だろうが何だろうが関係ない。
ヒットさえ打てない。笑うしかない。

佐々木が出てきた時点で、もうダメだ、と
相手のチームを消沈させる。その存在感。
圧倒的な力。ねじ伏せるという表現が
ぴったりの、まさに『大魔神』。

出てきただけで、球場の空気を変える
数少ない選手の一人だった。

おそらく、日本に『抑え』という概念を
定着させた先駆者ではないかな?

それだけすごい選手だったけど、
やはり辞めどきを間違えたかな、という感じもする。

メジャーリーグに行く前から、
多少なりとも衰えが見えたけど、
もとがオーバースペック選手なので、
経験とあわせて、まだ充分に通用した。

とはいえ歳と故障を重ねるごとに
ごまかしがきかなくなり、メジャーから
守護神の称号を剥奪されてしまい、
日本に戻ってきた。

最初は『佐々木』の名前だけで抑えていたが、
その看板もはがれた後半シーズンあたりからは
もうダメになっていた。

昔は150kmを超えていたストレートが
130km台しか出ない現実を見ると、
少し悲しいものがある。

メジャーに行く前に辞めていれば、
というのは言い過ぎかもしれないけど、
日本の2年はなかったらよかったのになあ。とも。
これは多くの野球ファンが思うことじゃないかな。

推定2年13億も払った横浜球団も痛かったし、
怖さのない佐々木を見るのは、一野球観戦者としても
ツラいものがあった。誰よりも、打たれてしまう
本人が一番つらかっただろうけど。

現役にこだわるのは、選手として当然なので、
辞めどきを見誤るのは仕方ないのかもしれない。

でも、佐々木出場、そのまま乙、という
圧倒的な印象のまま辞めて欲しかった、という
願望もあったり。

なにはともあれ、お疲れ様でした。
後々に語り継がれる選手の一人だろうね。

個人的には、放言が目立つのと、
横浜ファンではないので、反撃の芽を摘んでいく、
とても憎らしいやつだったけど。。。

そういわれるのはストッパーとしては
本望なのだろう。

さ~て。。。
次はKKコンビかな?
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-08-10 12:02 | 雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第4クール[89日目]ユーラシ...      第4クール[88日目]ユーラシ... >>