2005年 05月 15日

三国志大戦備忘録 vol.16

オニミキ@デュエリストの三国志大戦プレイ記録

1.今日のデッキ


1.C 曹丕 (ソウヒ  ・馬・4/7)◎○ [魅]指揮5
2.UC夏侯惇(カコウトン・馬・8/6)◎◎○[ ]強化戦法4
3.C 曹彰 (ソウショウ・馬・5/2)◎○ [勇]神速戦法4
4.UC司馬イ(シバイ  ・馬・3/9)◎○ [伏]雲散霧消の計6
5.UC程昱 (テイイク ・槍・1/8)◎  [伏]反計2

あいかわらずの、プチ覇王デッキ。
自分的計略使用順序は「指揮>雲散>強化」といったところ。
指揮で4部隊くらい一気に強化するとなかなか強い。
勝ち手は指揮で全体強化か、司馬イの相手弱体。
このどちらかがキレイに決まれば血路が開く。
ほとんど開かないけどw

コツコツと負け続け、現在6品まで落ちました。
勝率もずっと6割はキープしていたんだけど、今は
56%?くらいまで下がったかな。
たま~に勝つんだけどね~w
昔の勝てていたころが懐かしい。
気にせず、ガンバだ!

もう一つ持って行ったデッキ。
名前は。。。キラキラ馬超デッキで。

SR馬超 ・馬
R 趙雲 ・槍
R 姜維 ・槍
SR孫尚香・弓

最後に使ってみたけど、普通に勝てるね。
孫尚香の回復が盾、馬超の白銀が矛、と
いい感じに戦える。もくろみ通り、回復の
おかげでHP低くても攻め込めるのがいい感じ。

2.今日のカード

そろそろカードもそろってきたので、
おニューのカードがなかなか引けないw
このコーナーもピンチですな~。

・R 諸葛亮(ショカツリョウ・城・2/9)他◎○[伏]東南の風4

攻略本の「R 諸葛亮」を眺めながら、
面白そうなカードだな~。あるといいな~と
考えていたのが今日の朝。で、ホントにひいたw

こんなことなら、
R夏侯惇とかを妄想すれば良かった
orz

唯一の?伏兵つき攻城兵。こそ~り敵の城壁に
近寄ってパンチを入れるのかな。

それよりも、もっと重要なのは、
東南の風。火計の士気が2下がるそうな。
呉と組み合わせると面白そう。

・・・だけど、使いこなせるかな?
攻城兵。コスト1なら鬼すぎなんだけどなー。

ところで、諸葛亮のイラストはSRよりRのほうが
いいと思うね。ぶっちゃけSR諸葛亮って、
目つきがヤバくない?

3.今日のベストバウト

・甘皇后の踊る刻

甘皇后というカードがある。
踊るとHP回復というなかなか面白いカード
ながら、普通に踊らせても、即座に殺されるだけなので、
な~んの意味もない。なので、使いたいけど
使えないカードだった。

で、今日の相手。
UC甘皇后、R張飛、SR劉備、C王平と、
なんかいた気がするけど、忘れた。。。
こちらはまいどのプチ覇王デッキ。

序盤は多少不利程度で推移。
相手が攻め込んだところを曹丕の指揮で
返り討ちにする。

カウンターで攻め上がるが、復活した
R張飛に蹴散らされ、少しの攻城で終了。

相手が攻め込むと同時に甘皇后がダンス!
場所はやぐらとやぐらの間に渡した柵の奥。うへえ~。
手が出せない。しかも、相手が攻めてくる。

こちらも対抗するけど、兵力が足りずに
あっという間に殲滅されて、負け。
むう~。

甘皇后のダンスのポイント

・攻め込むときに使う。
・可能なら柵とやしろでがっちりガード。
 柵だけなら、城壁の端に柵を斜めに引く?

メモメモ、と。

・黄布デッキ

呂布と黄巾族で固めたオーソドックスな黄布デッキ。
シバキ先生はご不在。
こちらはキンキラ蜀単デッキで対抗。

黄布デッキには以下の共通項がある。

・開幕片側スタート
・しょっぱな他勢力の大攻勢発動

だいたいこんな感じ。
今回の相手もこれと同じだった。

開幕同時に、片翼から一気に攻め込む敵軍。
止めに入れば大攻勢を使ってくる。

自分の思うところ、他軍の大攻勢を
使わせるタイミングは早い目だと思う。
早く使わせ、使わせたら全軍引き、
効果がきれるころに攻め込む。

城壁付近で使われて張り付かれると、
どうしようもないのでね~。

こちらも即座に趙雲をぶつける。
相手は他勢力の大攻勢を発動。
思惑通りなので、撤収w

もくろみ通り、城門前で効果が
きれる大攻勢。ここで交戦。

孫尚香の弓があるので、
他軍わらわらはそれほど怖くない。
が、呂布がね~。

呂布のパワーでほぼ半壊w
こちらの城ゲージも6割程度まで減る。

相手は速攻デッキなのだから、
これくらいですんだのを
行幸と考えるべきか。

両軍立て直し、再び中央で激突。
そこで、呂布の天下無双が発動!

なんていうか。。。
発動直後に、HPがけっこうあったはずの
SR馬超のクビがいつの間にかとんでいた

ダメージソースがやられてやばかったけど、
孫尚香が援軍を発動し、趙雲と姜維をガンバさせる。
なんとか呂布を制し、合戦を制圧する。

兵は痛んでいるが、全軍突撃。
孫尚香の回復があるので、じきに回復できる。
そして、攻城。末期に呂布がでてくるが、
もう遅い。

勝利をいただきました。

・曹操の狼狽

キンキラ馬超デッキ最後の戦いは、魏単デッキ。
「SRカク、R曹操、UC程昱、R楽進、R郭嘉、C曹殖」
という感じ。なんか、軍師だらけのデッキ。

とりあえず、伏兵が3枚いるので、
伏兵シカト作戦を発動。片端による我が部隊。

そのまま攻め上がり、一気に攻城する。
相手は二手に分かれ、オニミキ軍を足止めする部隊と
攻城を開始する部隊にわかれる。

足止め部隊に馬超が突撃すると。。。
ジャーンジャーンジャーン。
ギャース><

移動してきた郭嘉に刺される。
安全だと思っていたんだけど。。。

馬超をトバしたとしても、相手方の武力はちょっと低すぎた。
馬超以外の部隊は生き残ったまま、敵の妨害を殲滅する。

こちらは城門に姜維がはりつき、
孫尚香も攻城に参加する。趙雲は瀕死なので、
孫尚香の回復を待つために待機。

さて、焦ったのは相手。
曹操が城門を殴っているけど、
しょせんは騎兵。ダメージスピードが違う。

伏兵のカクと程昱が城門に
たどりついたタイミングでこちらに
引っ返す。

・・・自分の城には、さっき撤退した
馬超がいる。・・・あとでこの二人は
血祭りの計でございます。

死にかけの趙雲を狙うけど、
その直前に士気が貯まり、
孫尚香の援軍が発動w

孫尚香と趙雲にボコられて、
曹操アボーン。

わらわらと最初に撤退した
軍勢が出てくるけど、もう遅いよ。
というわけで、勝利。

さすがキンキラデッキ。
そんな感じで3連勝!
久しぶりの爽快感♪

4.おまけ

伏兵のダメージ。

知力3差>2、3割残る
知力4差>瀕死
知力5差>即死?

て感じがするね。
知力5あれば、死なないケースが
多いのかな?
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-05-15 10:54 | 三国志大戦


<< 第4クール[2日目]第一次降下...      第4クール[1日目]第一次降下... >>