2005年 04月 26日

三国志大戦備忘録 号外2

オニミキ@デュエリストの三国志大戦プレイ記録

このゲームの面白い所は対戦プレイだけじゃない。
手札を眺めながらデッキを妄想するのも楽しみの1つだ。

このカードを入れると、この計略が使えるな。
いや、でも全体の武力が低くなるな。じゃあ、
このカードを抜いて、こいつを入れよう。
あ、コストが0.5たらないや。う~ん。。。。

という感じ。
やっている人なら激しく同意してくれるよね?

あのカードがあればな~と思っていたときに
引き当てたときの喜び。新しいデッキの可能性が
見える瞬間。やっぱ、いいよね。カードゲームは。

そんなわけで、最近はカードを手に取り妄想する日々が続く。
いつもの脳筋デッキもいいけど、
やっぱり新しいデッキも考えたい。

今回は計略をちょっと重視してみたい。
でも、計略をいれて合計武力が低くなるとイヤなので、
最低25くらいは保ちたいね。

これ、いかが?


1.UC典韋 ・槍
2.UC夏侯惇・馬
3.R 荀彧 ・弓
4.C 文聘 ・弓

5.C 張梁 ・歩

自分は魏の反計3種類をコンプしている。
なので、せっかくだから反計をいれてみたい。

程昱のほうが必要士気が1低いんだけど、
荀彧は弓がある。武力依存症な自分は
少しでも火力を上げたくて仕方ない。
あと、荀彧の反計範囲を見ておきたいというのもある。

このデッキで計略の軸になるのは、
その荀彧と張梁、そして、夏侯惇。

え。夏侯惇?
そう。夏侯惇。R夏侯惇ではなく、UC夏侯惇。

UC夏侯惇はスターターに入っているカードで、
武力8のカード。コスト2.5が評価が低い
原因だと思うけど、知力6の強化戦法は
けっこう効果が長いんじゃないかな。
武力8の武将って知力1とか3くらいだからね。

おまけに騎兵だから、槍兵の強化と違い、
そう簡単に逃げられない。自分的には
意外と使えるのでは? と期待している。

え、張梁がいる理由?
ああ。張梁はね。。。あの回復っぷりを
見ていると、怖くてはずせないのよねw

これを張梁依存症と呼びます。

合計武力は27。悪くないかな?
調子が悪ければ、もとのバカデッキに戻そう。

もうひとつ、組んでみた。
前に仕入れた魯粛を軸に呉単デッキを
組み上げた。


R 周泰・槍
R 孫堅・馬
C 丁奉・弓
C 虞翻・弓
UC魯粛・弓

何よりも魯粛がいい。
彼の指揮を計略の中軸とする。この指揮で
全員の武力をあげて戦う。知力8の効果時間は
ヤバすぎかと。

うざいやつは虞翻の火計でなぎ払い、
丁奉の麻痺矢で足止めもできる。

周泰の漢の意地も、孫堅の天啓の幻も
状況は限定されるけど、充分に役立つ計略。
バカではないので、そこそこ効果時間もある。

計略がリッチ。合計武力が25だけど、
3枚の柵で序盤も何とかしのげるんじゃないかな?

士気が貯まりはじめれば、号令・強化・ダメージと
取りそろえた数々の計略で相手を押し切る。

う~ん。けっこう楽しそうじゃないかな、このデッキ? 
扱えるなら、乗り換えたいな。
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-04-26 23:31 | 三国志大戦 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第3クール[75日目]ソロモン...      第3クール[74日目]ソロモン... >>