2005年 04月 17日

サヨウナラ! from アテネ

b0028685_21175458.jpg


釣り師オニミキの絵はがき。

突然ですが引退します・゜・(ノД`)・゜・
と、サネさんのページからコピペしてみるw

GNO2じゃなくて大航海時代だけど、
引退することにした。

今は大航海時代よりもGNO2が楽しいこと、
GNO2でオプ垢が解禁になり、ジオンも連邦も
メンテするので、時間が割けないことが理由かな。

もともと商会長だけに挨拶する予定だったけど、
オン中の商会メンバー全員に挨拶できた。

たまたま近くにいた商会メンバーに
全財産の50万を渡せてよかった。
これで思い残すこともない。

お世話になった人、特にキャリ鯖商会の皆様。
ありがとう。これからも、大航海時代を楽しんでください。

自分はGNO2で連邦もジオンも両方蹴散らしていますw

<<大航海時代、まとめ>>

これからする人へ、大航海時代の最序盤について
チョロっとまとめておこう。

頭に入れておくべきことは、このゲームが
金稼ぎゲームであるということ。いかに
金を稼ぐかが重要といえる。

職業は、軍人・商人・冒険者の三系統があるけど、
これは目指すべき方向性だけで、別に軍人のレベルが
高い商人なども作れる。むろん、適した職業のほうが
成長が早く、限界レベルも高いけど。

そのなかで、オススメの職業は商人。

金を稼ぐゲームというのは前述したとおりで、どの
職業であろうと金を稼がないとお話にならない。
そのお金を稼ぐのが得意な職業が商人なので、
自分は商人を推薦する。

お金を稼ぐのは交易という手段が基本となる。
交易とは、街から街へ品物を運び、NPCやPCに
売りさばくことをいう。

大航海時代はお金を稼ぐゲームなので、単なる店売り
でも相場さえ間違えなければ黒字になる品物が多い。
これを繰り返してお金を稼ぐ。

商人は相場を見るスキル、そして、交易品を積む積載量に
優れているので、お金を稼ぎやすい。なので、商人でお金を
稼ぎ、金稼ぎの基本を学び、金がかなり貯まったら
転職していくほうがよい。

順番は、商人>冒険者>軍人かな?
これが一番オススメの転職順番。
ひととおり全部やってから、自分の好きな職業に
戻ればよいと思う。

船の部品だけど、帆にはお金をかけたほうがよい。
船に乗って移動しまくるゲームなので、移動スピードの
上昇は効果が高い。いくら使ってもいいので、帆は
いいものを。

戦闘のコツ。このゲームは戦闘がアクションというのが
ウリ。わりと面白いが、チャットができないのが難点w

どんな戦い方でも良いと思うけど、船首と船尾に攻撃を
喰らうのだけは御法度。船の最大HPが下がってしまう。
失われた最大HPは二度と戻らない。。。

それを避けるためには、攻撃を側面で受けることが重要。
一番やってしまうのは、逃げるときと白兵戦を挑むとき。

逃げるときは、どうしようもない。撃沈されたら最大HPが
ごっそりと減ってしまうので、勝てない相手なら一目散に
逃げるしかない。

白兵戦を挑むとき、あせって船の頭を相手に向けて、一直線に
近づいてしまうが、これはよくない。船首を相手の船首と同じ
向きに向けて、同じ方向に進みながら、前をさえぎるように
近づくと安全に接弦できる。お試しあれ。

大砲を選ぶ基準は、貫通力。飛距離があっても、貫通力が
ないとまったくダメージが与えられないので、とにかく
貫通力のある大砲を買うこと。沈めてしまえば、勝ちだ。

むろん、艦隊をくんで役割がある場合は、煙玉や火炎弾を
撃てる大砲を撃つのもよい。が、ソロで戦う場合は貫通力を
重視する。飛距離よりも貫通力を。

一応、そんなところかな。
最序盤しかやっていないショボプレイヤの独り言なので、
ご参考までに。

そうそう。もうちょっと頑張って欲しかったことも
書いておこう。

自分が一番ショボーンだったのは、地図がないと
新しい港にいけないこと。自分で好きに船を走らせ、
地図を埋めていく喜びが欲しかったな。

あと、自動交易モードが欲しいな。
街を経由する航海ルートと、何がいくら以下のときに
買って、どこで売るのか、とか設定しておくと、
自動的にお金を稼ぐ。

で、お金をどれだけ稼いだかで月ごとに順位を
発表する。。。ってGNO2じゃん、それw

いやはや。。。GNO2の自動モードに
慣れすぎると、ゲームで楽しようとばっかり
思ってしまう。

そんなところかな。
オニミキはここで去りますが、
みなさん、お元気で!
大航海時代を楽しんでください。

今後はライエヴォ。。。
ではなく、GNO2と共に生きていきます。
では!
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-04-17 21:21 | 大航海時代(更新終了)


<< 第3クール[66日目]ソロモン...      三国志大戦備忘録 vol.9 >>