2014年 09月 07日

北方からの刺客

北海道から知り合いが来たので、その迎撃任務にあたりました。行ったお店はこちら。

b0028685_10284169.jpg


八吉、というお店です。喉黒屋というお店のチェーン店らしく、喉黒という魚がウリです。
・喉黒屋>お金持ち向け
・八吉>大衆向け

という住み分けがされているとか。

通された部屋には、もうお通しがおいてありました。好きなのを取って喰え、という形式らしいのですが、どれもウマそうでしたね。

b0028685_10304017.jpg


わたし>それでは、客人からお選びください。

客人>俺、北海道だからね。北海道だから。こういうの、珍しくないからね。どうぞ。

見てください。これが北海道人の余裕です。

コース料理だったので、あとは勝手に食事が出てくるのですけど、ここは何を食べてもおいしかったですね。

b0028685_10302647.jpg


お刺身。鮮度の高さが伝わってくるほど、切り身がきらきらと輝いていました。鮮度が悪いと、このあたりぼやっとしてますからね。

b0028685_10311542.jpg


ヤリイカの天ぷら。天ぷらの衣が神がかっていましたね。さっくりふかふか。これはプロのやり口やでー! という感じ。

最近「天丼てんや」によく行くので、いっぱしの天ぷら通を気取っていましたが、もう本当にすいません、というくらいです。

b0028685_10321330.jpg


そして、喉黒。なぜ喉黒かというと。。。

b0028685_10292975.jpg


顔を開くと、裏側が黒いからなんですねー。

非常に上品な味で、さっぱりとした魚の味と煮付けのタレの味が絶妙にマッチして、これはもうヘブンズドアーも開いちゃうぜ! というくらい、美味しかったです。

客人>いやー、北海道だと喉黒がなくてねー。一度、食べたかったんだよー。

北海道にもいない魚っているんですね。てっきり、すべての魚が集うオールブルーみたいな場所で、いつかルフィ海賊団がやってくるんじゃないかと思ってましたが。

b0028685_1029137.jpg


締めのそば。これも美味しかったです。梅の酸っぱさが口の中に広がって。嗚呼。

これで5000円(飲み放題付き)は安いなーという納得の内容でした。

本店の喉黒屋だと喉黒尽くしというのがあるらしく、お値段も一万に近いらしいですが、ここまでのものを見せつけられると、行きたくなりますねw たぶん、一万円払っても後悔しない気がするので。

ちなみに。。。

ここで大当たりを引いたせいか、次が悲惨でした。

二軒目で行った店、飲み放題「888円!」とかいう値段に「嘘くせーな」と思っていったら、「コース料理併用の値段」と言われまして。それくらいは想定の範囲内だったんですが、さらにエグいことが。。。

・お通し料 400円
・席料 500円
・一人 1ドリンク2フード必須

ちょっと色々と要求し過ぎじゃないですかー? みたいな。アタリの店もあれば、ハズレもある。そんな自然の摂理を学んだ一日でしたね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2014-09-07 10:38 | 雑記


<< <艦これ>3−4踏破      <艦これ>まさかの彩雲彩雲彩雲 >>