2014年 05月 09日

おぼちゃんの実験ノートが熱すぎる

おぼちゃんが記者会見して、さすがにもう終わるだろうと思っていたSTAP細胞の件。まだまだ燃え盛っております。

この騒ぎを堪能するには、それぞれの立場を把握する必要があります。複数の項目について、それぞれの立ち位置が違っていて、話が全く噛み合っていないのが面白いです。

理研
・STAP細胞については、有無を断定しない
・オボちゃんは「故意」に「研究不正」をしていた
・論文は信用性がないので、撤回するべき
・全部オボちゃんのせいだぞ、理研は関係ないからな!

オボちゃんの弁護士
・STAP細胞あるとかないとかどうでもいい
・オボちゃんは「過失」でミスっただけ
・論文の撤回もどうでもいい
・オボちゃんのクビを阻止することしか興味がない

オボちゃん
・STAP細胞はありまぁす!
・ミスは認めますが、過失じゃないでぇす!
・論文は撤回しませぇん!
・うっかりミスだから、わたし悪くないもん!

なんか面白いんですよね、並べているだけで。それぞれの思惑が透けて見えて。

理研は組織上の問題には触れずにオボちゃんを切り捨てたいわけです。だけどSTAP細胞が万が一あったとき、その権利を逃したくないので、STAP自体の否定はしません。この辺りのあざとさが理研のうさんくささをかきたてます。

オボちゃんの弁護士も実にビジネスライクで、彼らはオボちゃんの主張には全く興味がなく、法律上の問題のみ扱っています。彼らはオボちゃんの権利を弁護をしているだけで、STAP細胞や論文の擁護をするつもりはありません(職分でもありません)。

一番、意味不明なのがオボちゃんです。オボちゃんは最も自分にとって都合のいい主張をしています。そのせいか矛盾を感じるんですね。論文のミスを認めているのに、撤回しないというのは筋が通りません。

さて、そんな最中、弁護団からオボちゃんの実験ノートの一部が公開されました。

小保方氏側、実験ノートを一部公開
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0705Q_X00C14A5CC1000/

感想は。

あかん。

それだけです。

同業者曰く「らくがき」。ネット民曰く「女子力高すぎ」。「陽性かくにん! よかった。」という記述とか、そうよかったね、と小学生の頭をなでなでしているような気分になります。

オボちゃん擁護派ですら心が折れる実験ノート、何でこんなものを弁護団は出したのか、とても不思議でした。彼らもプロですから、普通の実験ノートがどんなものか調べているはず。これが公開したらあかんものくらいわかっているでしょう。

で、ネットを探していたら、興味深い見解がありました。

とあるサイトで「もう弁護団は正攻法での勝利を諦め、オボちゃんがいかにバカかを証明し、バカだからSTAPの存在を信じた、ゆえに過失であると持っていきたい」と書いていました。なるほど、それは信ぴょう性がありますね(笑)

オボちゃんは「落書き」と言われたことに対して「見せなければ、ないと言われ、見せたら、こう言われるのは納得いかない」と怒っているそうです。

このコメントはヤバいな、と思うのですね。

これは自分の実験ノートが完璧である、という自信がなければ出てきません。それが演技なのか、本気でそう思っているのか、どちらなのでしょうか。

オボちゃんはもうどうでもいいですが、オボちゃんだけにはとどまらず、理研の組織態勢を見直すところまで踏み込んでもらいたいですね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2014-05-09 23:03 | 雑記


<< J( 'ー`)し ゆう...      ぼくのどくしょにっき 2014-4 >>