2014年 04月 13日

第三回・電王戦終わり

第三回・電王戦は、コンピューター側の4勝1敗で幕が下りました。

コンピューター側の圧勝、という結果ですね。

バグ取りしたせいで強くなったコンピューターを出すか出さないかでモメまくった第2戦(結果、元のバージョンで対戦し、コンピュータ側の勝利)を、振り回された状況を考慮して人間側の勝利とみなしても3勝2敗です。

おまけに、エースとして期待された2人のA級棋士が負けたとあっては、もう、完敗という結果とみなしてよいでしょう。

今回、人間側には「コンピュータのソフトを2、3ヶ月前? くらいから渡し、研究する時間」が与えられていました。これは人間へのハンデというより、実戦でも対戦相手を研究するのだから、当然の権利でしょう。

むしろ、ついにプロ側が本気を出した、といえます。

当初は研究しているから、人間側が有利じゃないか、と予想されていました。

チーム構成もそれを反映しています。

A級棋士が2人で、この2人は必勝だと考えていたのでしょう。他の3人のうち1人は勝つだろうから、面白いシーソーゲームになるのでは、という読みが伺えます。

第2回の時点で、A級棋士がうっちゃられていますが、あれは、500台のパソコンを並列化させた最強最悪のラスボスでした。なので、1台のパソコンとやりあった場合は、まだA級棋士側が優位なのでは? というのが大勢でしたが。

それが、この結果であります。A級棋士2人を含めた、4敗。

絶対に「コンピューター>>A級棋士」とは思いませんが、やはり「ミスの数が勝敗を決する」レベルの戦いになると、感情や疲労のある人間側が不利なのは間違いないでしょう。その特性が、多少の棋力差すら逆転してしまうのでしょう。

次の第4回はどうなるのでしょうね。今回みたいにA級棋士の数を増やしていってもジリ貧だと思うのですが。

将棋連盟としては、タイトル持ち、という聖域を死守したいのでしょうが、どうするのでしょう。というか、羽生さんという聖域をどうやって守るか、といったほうがいいかもしれませんが。

羽生さんは一般にも知られている人ですからね。彼がコンピューターに負けると、一面トップの価値がある記事になります。将棋連盟としては避けたいでしょう。

どうせなら、チマチマと出し惜しむよりは、羽生さんvs500台並列化GPSで華々しい最終決戦をして終わってもらいたいものですが。。。連盟側の一手は何でしょうね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2014-04-13 11:36 | 雑記


<< モンハン4で弓道部に入ったった...      災禍の中央に座するもの >>