2014年 04月 01日

理研vs小保方さんという衝撃の展開にびっくり

「全ての罪を背負って、一人で沈め!」

「あーっと、理研の右ストレートが小保方さんの顔面に炸裂したァッ! これはダウンだぁッ! 立ち上がるのは厳しいか!? レフェリーがカウントします。ワン、ツー、いよいよこれで長い戦いも終わりましたね、どうでしょうか、解説のさわのご、おーっと、小保方さん、カウントナインで立ち上がった! ファイティングポーズを崩さない! 小保方さん、まだやる気だァッ!」

「わたしだけが悪いんじゃないもん!!!」

。。。

いやー。。。手に汗握る展開ですね。

理研>「これから検証に一年はかかるポよー」

とかやる気のないことを抜かしていた理研が、いきなり4/1に大本営発表すると言い出したとき、もうシナリオは見えていたんですね。

小保方さんに全ての責任を押し付けての、事件の強制終了。

理研の目論見はわかりやすかったです。
・疑惑がささやかれる
・「だれでもできるSTAPさいぼうのつくりかた」公表
 >共同著者が受賞で2000万円もらう
 >理研の特殊法人指定が内定
・第一次発表「疑惑のうち2件は白。残りは検証に一年かかる」
 >大臣から迅速に発表しろ、と言われる
 >理研の特殊法人発表、先送り
・4/1いきなりの大本営発表

この流れを見れば実にわかりやすい。理研は当初、先延ばしにして賞金のゲットと特殊法人指定を勝ち取ろうとしていたわけです。ですが指定の方はお預け状態になったため、さっさと幕引きする方針に切り替えたのでしょう。

つーか、税金運営されている理研が1000万円の家具を買っているのが暴露されたりして、このまま放置していたら、冗談抜きに理研解体論に至る可能性まであります。

んでまー、今日の昼時点で理研の発表は想定通りでした。全てオボ子が悪いと。

ああ、これで幕切れか、寂しくなるなと思っていたら。

まさかの。まさかの、小保方の乱、始まる。

<STAP細胞>小保方さん「不正認定2点、承服できない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140401-00000025-mai-sctch

打ち切り最終回になった漫画の第二部が、同じ号に載っていたかのような衝撃であります。「STAP細胞を探す旅は続く! 小保方先生の次回作にご期待ください!」エンドじゃないの、みたいな。

あまりに衝撃的で、最初、新聞社が発表した、悪趣味なエイプリルフールネタかと思いました。でも、どうやら違ったらしく。

まさに素晴らしい。世界はあふれんばかりの狂気で満ち溢れている。

あまりの叩かれっぷりに小保方さん、自殺するんじゃないか、と心配する声もありましたが、どうやら心配ないようです。小保方さん、まだまだ意気軒昂。鼻息荒く、闘志をかきたてています。

小保方さん的には異議を申し立てた後、記者会見を開くそうです。これはもう、理研と全面戦争に突入する勢いでしょう。ああ、たまらない。これこそ彼と彼女の戦争です。永遠に殺しあう闘争でしょう。どちらが先に朽ち果てるか。殺し、殺されあう戦いの開幕です。

すごい状態になってきましたが、どうなるのでしょうね。

というか、ついに大将軍・小保方さんが前線に出てくるそうですが、どのように受け答えするのか、非常に興味があります。まだまだ盛り上がりますね。

さあ、戦いはこれからだ!
[PR]

by netnetnet_78 | 2014-04-01 20:40 | 雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ぼくのどくしょにっき 2014-3      MH4で、OP・最強の宴に挑戦... >>