2013年 09月 06日

必殺ゴールド請負人

League Of Legendsのランク戦。ついに2敗目を喫しました。

負け自体は別に良いのです。今までが勝ち過ぎたから。。。なので。別に良いかな、と。ただ、まあ、負け方がね。最初から、嫌な予感がしていたんですね。

b0028685_0455616.jpg「俺、adc!」



敵>ashe



b0028685_0455616.jpg「わーん>< Asheは俺の唯一のadcなのにいいいい!」



これな。ノーマル戦と違い、ランク戦は相手に取られると使えません。

Asheは初心者御用達のadc。とはいえ。お前、いくらなんでも、adcをpickするっつーのに、Asheしかない、ってnoooooooob感が爆発です。結局、彼はmidを譲ってもらいました。この時点で、すでに怪しい。頭痛が。。。

まあ、彼くらいは小物です。優しさを持って許しましょう。問題は。。。

b0028685_0454749.jpg「Sup」



きた。ガチムチ系sup。トロールPick。ランクマッチでもあるんですね、これ。まあ、あるとは聞いていましたけど。。。ヤバい。ヤバすぎる。そもそも、こういうPickをする時点で、その人間の性格、あるいは信頼性というものが判断できます。

こいつはゲロ以下の臭いがぷんぷんするぜー!

これは負け試合かな、と嫌な予感がよぎります。さすがに、問題児を2人抱えていると、どうしようもない。そんな状況下に、さらなる最悪のダメ押しがくるんですね。。。

そりゃもう、盛大にボッコボコに負けました。

試合後のチャットです。

b0028685_046315.png



なにを言っているのか、というと。。。

敵の狩猟民族A「お前、強いな! 一緒にやろうぜ!」
敵の狩猟民族B「俺か? ダメだね。俺の仕事は終わった」
敵の狩猟民族A「仕事?」
敵の狩猟民族B「ゴールドになった。だから、終わりだ」

あかん。こいつ超級者やんけ。

半月ほど前、シーズン終了の褒章が発表になりました。ランクが金以上になると、チャンピオンが1体プレゼントされ、特別なスキンがもらえます。ただ、実力がなければ、金には上がれません。でも、欲しい人がいる。。。

そのため、金にあがるのを請け負う人たちが登場したんですね。。。

つまり、彼は、それです。初心者キラーなんて甘いものじゃないです。初心者キラーは、そもそも強い奴に勝てないから初心者を狙うわけです。彼はそうではなく、単に強いやつ、傭兵なのです。

彼はJunglerだったのですが、容赦なかったです。迷いのないGankでしたね。。。すっと入ってくる、というか。

なんつーか、低レートのJunglerのGankには慌ただしさ、みたいなのがあるんですけど、上級者は自然にレーン戦へと割り込んでくる、というかね。無駄な動きがない、って感じです。こうして、こうすりゃ、死ぬよね? てのがわかっている感じですね。

わたしはなんとか逃げ切りましたが、不安だらけのBotレーンが避けられるはずもなく、ボッコボコにされていました。そりゃそうだよなあ。。。絶対にろくにWardingしてないだろうし。。。

BOTレーンで虐殺の限りを尽くし、肥え太った敵を止めることはできず、gg。
完膚なきまでの敗北でした。

ちなみに、彼は8勝2敗で金5でした。主に使っていたのはAatroxとElice。
○○○○○○○☓☓○

試合をたったひとりでCarryし続けることはできる、そういうことですね。魔境なんてなかったんや! なかったんや!(やけっぱち)。

全勝で金だと思っていたんですがね。。。違うんですね。戦歴を見ていると、キャリー度も評価している気がしますね。負け試合以外、すべて彼はキャリーしていますから。

変な味方を引き、最悪級の敵まで引いたわけです。もう凶運は切り捨てたと判断し、次からゴッドドローでお願いしますよ、神さま!
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-09-06 23:55 | League Of Legends


<< ランク10戦終了、そして査定結果      本当に味方ガチャゲーすぎる >>