2013年 09月 02日

ランク初10戦/中間報告

5戦終わって、4勝1敗でございます。とりあえず、5勝5敗がひとつの目標ラインですので、王手です。

ランク戦だと試合へのエントリー順は「内部レートの高い順」になるそうです。スタートの頃、わたしは最底辺からスタートしました。そのときの味方は。。。もう、鬼強かったですね。全レーン圧勝みたいな。そりゃ負けないよねー的な。

あれ? わたしいらなくね?

で、3勝した段階で、わたしの内部レートが。。。ついに、メンバーで1位に!

いやー、おかげで体験しちゃいました。初BAN!

League Of Legendsでは最初に、その試合で使用できないチャンピオンを3体まで選べるんですね。それをBANといいます。BANを決済するのは、そのチームで最もレートが高い人物です。

わたしの初BANは。。。
・Master Yi
・Fizz
・Tryndmere

ですね。Yiは太るとヤバすぎる、Trynは5秒間無敵とかマジうざすぎる、そして、Fizzはもう、太って試合をぶち壊す未来しか見えない感じ。わたしがBAN権を持つ限り、クソ魚は永続BANです。Better Nerf Fizz lol.

さて、始まったランク戦。

相変わらず、狩猟民族はクズなわけです。

唯一の1敗。。。これはTopのクソSingedがもたらしました。彼はロビーでこういったのです。

b0028685_0333536.jpg「Singed or Yoric?(キリッ!」



そりゃ、Singedです。試合ブレイカーのSinged。Singedを育てたら勝ち確です。そして、ローディング画面のスプラッシュアートは、有料スキン。こいつは、やる。。。俺たちをキャリーしてくれる。。。

僕は、いや、僕たちは、そんな夢を見た。

試合が始まると同時に、1分おきに流れるSinged死亡のアナウンス。。。

あかん、このSingedクソや。。。こいつ、俺たちを敗北まで一直線にキャリーしとるで。。。ちゃう! ちゃうで! そっちちゃう! キャリーゆうんは勝利に運ぶんや!

さて、それだけボロボロになったのだから、さぞ殊勝な気分でプレイしているのかな、と思いました。思いますよね? でも、これは日本人の感覚です。我々はすまぬううう! すまぬうううう! という気持ちを持ちます。しかし、狩猟民族の末裔たちは違うんですね。

b0028685_0333536.jpg「ああ! 俺は死にまくったよ! だけど、お前ら全員ヘタクソなんだよ、ボケ!」



まさに、これ。腐れ外道な狩猟民族たちの精神の発露であります。彼らにごめんなさいの気持ちはありません。

他にも、勝った試合ですが、こんな面倒なSonaがいました。

b0028685_0334435.jpg「クソCaitlynが! てめえのせいで死んだじゃねえか!!!」



まあ、このクソSonaが言っているCaitlynはわたしなんですが。。。わたしが完璧なプレイをしていたとは言いませんが、少なくとも、これだけは言えます。

Wardingをしないサポの貴様に言われたくない!

このSonaはやたらと後ろでぶつぶつ文句を言っていましたね。。。試合が終わった後、戦歴を見たら、お察しという感じでしたが。ヘタなやつほど文句が多い。これマメな!

わたしより上は結構プレイがうまい。わたしより下は、ちょっとお察しな感じ。わたしって、どうやら境界線上のプレイヤーのようですね。

幾分ノーマル戦よりはマシですが、ランク戦でも狩猟民族の末裔たちは平常運転です。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-09-02 23:30 | League Of Legends | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< やっぱりね、Dodgeはするべきです      Jungling練習中 >>