2013年 08月 24日

Kids Timeの恐怖!

だいたい、日本とアメリカって時差が15〜17時間くらいです。

なので、こちらの朝、10時くらいにプレイすると、あちらの午後5時から7時くらいになります。つまり、お子様ターイムなわけです。

おとなですら民度の存在が疑わしい狩猟民族の末裔です。原始人の子供に民度が存在するはずがありません。まさに魔の時間帯。

ロビーの時間から、恐怖は始まります。

b0028685_12362317.jpg「Adc」



b0028685_12362157.jpg「Adc」



狩猟民族の末裔たちの、コールが被ります。

これくらいはね、別にいいんですよ。よくあることです。一応、pick orderなので、先に言った人間のロールを尊重します。尊重すればいいんですけどね。。。

b0028685_12362317.jpg「俺がADCだっつーの、クソが!」



b0028685_12362157.jpg「はぁ!? 俺だよ、ボケ!」



ケンカし始めるのが狩猟民族クオリティです。なんでお前たちは譲り合えないの。別に、今ADCしないと、病気の妹が死ぬとかそういう状況でもないでしょ? つーか、なんでケンカすんねん。なんで最初から相手の否定から始まるの。

Dodgeするか。。。と思っていたら、賢明なる他のメンバーがDodgeしました。えらいぞ。

で、次の試合です。

b0028685_12364474.jpg「あー、Zyra。お前はMidではヘボだから、Supportやれ」



この発言は、League Of Legendsをそれなりに知っているなら、びっくりです。

説明しよう! 

まずZyraは別にMidでも弱くないです。普通にこなせます。
その前提の上で、さらにこうツッコミができます。

彼の主張の根拠は「弱いからダメ」です。そして、彼が選択したOlafは。。。公式から「Olafされた」という発言が出るくらいの「弱体化しすぎてゴミ化した」チャンピオンの代名詞です。つまり。。。

Olafのお前が言うな!

そんな不安なスタートでしたが、最終的には勝ちました。意外でしたねw

Botの敵がかなりの微妙だったのか、自軍Botコンビが優勢を確立してくれました。なので、JunglerのわたしはMidにGankする時間を多く取れたので、終始、優勢でしたね。

で、試合が終わってみると。。。ボコられた敵のBotレーン2人がディスコネクトしてましたwww いわゆる、逆ギレによる「Rage Quit」ですwww

このあたりが、お子様ですよね。

「むきゃー! ぽっくんが最強なの! 一番、強いの! 勝てないとか! 味方がクソだから! 辞める! ぽっくん、このクソゲーやめりゅうううううううううう!」

親、ちゃんと教育しろ。。。

b0028685_12323384.png




ディスコネした2人のビルドを見てみましょう。

SupportのThreshが問題ありすぎですね。アイテム枠が埋まっております。あの、どこにWardを入れているんでしょうかね。ていうか、なんで、始まって間もない時間帯でWard無しの状態でアイテム枠が埋まっているのw

基本的に、League Of Legendsのプレイヤ民度はかなり低いのですが、間の時間帯だと、それがさらに深化する感じです。これがKids Timeの恐怖やで。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-08-24 12:41 | League Of Legends | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< カメラは捉えた決定的瞬間! こ...      patch 3.10aで思ったこと >>