2013年 07月 28日

神に挑む戦い

LoLですが、久しぶりにNormal戦をやってみました。
そろそろランク戦が始まるレベル30ですからね。準備をしないといけません。

そしたら、そこで。。。
神と出会いました。

試合の後半、唐突に味方の狩猟民族がこんなことを言い出しました。

b0028685_1271469.jpg「ついに、僕は神になったよ。。。」



神。。。だと。。。
神、いわゆる、ゴッド。。。

彼のチャット欄に踊る、GODの3文字。

恐るべし、狩猟民族。
いつの間にやら、神へと進化する術までマスターしていました。

どうやら、彼はショップで何かを買ったようです。
チェックしてみましょう。

b0028685_1271017.png


・バーサーカーグリーブ/荒ぶる神は幾度も人々を踏みつける
・ブラッドサースティー/神の剣は咎人の血で濡れている
・トライフォース/神の力の断片ですら人知を超える
・ハリケーン/竜巻とは神の怒りの具現である
・妖刀・妖夢/神の狂気を宿す神器が存在する
・トライフォース/神の力の断片ですら(ry

。。。
やばい。やばいで。。。
これは、とんだ神やで。。。

彼は意気揚々とMidをひとりで歩いていきます。
通常のADCなら紙装甲ゆえ、容易に溶かれますので、できません。

でも、彼ならできる。

なぜなら、彼は「神(ジー・オー・ディー)」だから。

b0028685_1271469.jpg「さあ、ゴッドモードだ。。。もう誰も僕を止められない。。。」



スッ。。。と。
スッ、と、神の姿が掻き消えました。

ステルス・スキルの発動。。。光の分子すら操作する、まさに神の御技。。。

神のくせにゴッドモードというのが、よくわかりませんが、とにかく神々しい。

そこへやってくる、敵の狩猟民族。。。

b0028685_127125.jpgスパルタァ!!



300人で100万人を屠った精鋭のひとりであっても、神の前では、震える子羊にしか過ぎません。

一陣の風とともに、神の姿が現出しました。神がステルスを解き、その姿を見せたのです。
ああ、今まさに審判の時。。。

敵の狩猟民族は腰が抜けるほど驚いたことでしょう。いきなり敵が現れた。しかも、それが神(ジー・オー・ディー)なのです。正気でいられるはずがありません。

しかし、神とは無慈悲なもの。無感情な殺戮マシーン。
彼が神罰を与えるといえば、それは履行されるだけです。

神の右手が動き、そして。。。

神罰の矢が愚かなスパルタに降り注ぎました。一瞬でHPが半分まで減らされるスパルタ。

ああ、これこそが、これこそが、神の怒り。

ただただ、一方的に相手を踏みつけ、壊し、投げ捨てる。神が味方でよかった。敵だとしたら、これは、勝てない。

しかし、スパルタは反撃しました。自らの死の運命を回避しようと抗いました。
人が、神に、抗ったのです。

b0028685_127125.jpg「スパルタァ!」>ジャンプして急襲、敵にパンツをかぶせ、気絶させる



b0028685_127125.jpg「スパルタァ!」>高速なパンツの振り回しで相手を連続殴打する



なんと。。。
神のHPが一瞬にして七割くらい削れていました。

そこで神はどうしたかというと。。。

神(ジー・オー・ディー)逃走

もう必死に逃げていました。背中を見せ、這いつくばり、死にたくないの気持ちで必死に逃げていました。

しかし、300人で100万人を退けたスパルタの精兵は甘くありません。

b0028685_127125.jpg「スパルタァ!」>洗濯していないパンツを投げつける



スパルタ人が投擲したパンツの一撃を喰らい、倒れる神。

b0028685_1271469.jpg「あひぃ」





神(ジー・オー・ディー)死亡

人の力が神を凌駕した瞬間でした。

ちなみに、神はその後、二度と「神」だと自称しませんでした。
謙虚さもまた、神の持ち味でしょう。






。。。

しかし、ついに、神まで登場したかあ。。。

LoLのプレイヤは底が知れませんね。冗談抜きに、ゲームをするたびに新しい衝撃に出会えます。これが、世界ナンバーワンであり続けるアメリカの深さ、でしょうか。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-07-28 12:19 | League Of Legends


<< サポートは試合をキャリーできる      Lolのゲーム内設定について >>