2013年 05月 26日

ガイジンどもってのは。。。

League of Legendsをやっていると、5人チームにひとりは口の悪い奴がいるんですね。

某掲示板を読んでいると「いつもキチガイがひとりいるけど、システムが判定して、そうしているのか?」と。これはもう、いつも変わらない、黄金率とも呼ぶべき確率です。

だいたい1匹は、わめいています。ひどいと2匹いますね。

頭が痛いのは、彼らがゲームの本質を理解できていない、間違った根拠にもとづいて喚いている点ですね。

LoLは対戦ゲームで、殺し殺されるゲームです。

ただ、殺すのは本質ではなく、リアルタイムシミュレーションゲーム(RTS)なので、あくまで「陣取りゲーム」です。殺すのは有利な状況を作るための、布石ですね。重要性のレベルが違う。

なんですが、どうも狩猟民族の末裔たちは、殺すのが快感なようです。

KS、という用語があります。キル・スティール、という意味で、トドメを他のチームメイトが奪う行為です。

これをすると狩猟民族は「KS!」と叫びます。

ぶっちゃけ、誰が殺そうといいじゃねーか、と思うわけです。殺せる時に殺す。それが勝利への近道だろ? ヘタに気を使って、逃げられたらどうするんだ、と。

・ひとりで特攻>死ぬ
・「なんで助けてくれないんだよ!」

というのも多いですね。

基本的に、このゲームは、殺せるチャンスを狙いに行くより、死ぬリスクを回避するゲームです。

明らかに殺せないタイミングで突撃とかするんですね。狩猟民族は。てっきり牽制かな、とか思っていると、半端じゃなく踏み込んでいくと。

おいおい、敵のHPまだ高いし、敵二人いるんだけど。。。てか、お前のHP低すぎだろ? と思っていたら。。。蒸発するとw

で、次は助けようと、こっちもラインを上げてみるんですが、基本的にタイミングもなにも考えていない勇者様プレイなので、相変わらず味方は蒸発。こっちまですごく前に出ているので、散々な目にあいます。

戦場では無能でやる気のないやつはマシ、無能でやる気のある奴は殺すしかない、という言葉を思い出しますねw

ただ一番、面倒で頭が痛いのは、彼らが「陣取りより敵のキルを優先させること」ですね。

とにかく、少しでも先に自軍を進める、敵軍を阻止する、というのが基本です。なので、私はそれを最優先に動くわけですが、狩猟民族はキルしか頭にないので、そこにギャップが生じます。で、勇者様は煽ってくる、と。

彼らの勇者さまプレイに付き合っていると、勝てないんですけどね。。。

プレイヤの勝率を確認できるサイトがあるんですが、口うるさい狩猟民族系勇者様の統計を見ると、よろしくないですね。

「ゲームが始まった瞬間、全員をイグノアしてしまえ」

という金言がありますが、ある意味で正しいかもしれません。

あと「エセ軍師様」というのもいますねw

サイトでチラ見した知識で助言してくるんですが、明らかにそのタイミングでそれはオカシイわけです。で、他のプレイヤが誘導されて、敗北へとフルスピードで向かっていくわけです。

軍師様「バロン(倒すといろいろ有利になる)を倒すぞ」
わたし「いや、敵、こっちに攻めて来てるんだけど」
軍師様「お前たちでなんとかしろ」

えええええ!?

結局、私と仲間1人で敵の全軍を止められるはずもなく、軍師様軍もバロンに殺されるわけです。ええ、負けましたとも。普通にやってりゃ勝てた試合だったのにね。

狩猟民族のマジキチっぷりは、すごいなあ、とちょっと驚きます。

精神疾患罹患率がすさまじい。ネトゲしてると、変な連中がいるのは慣れていますが、登場頻度の高さが段違いですね。日本っていい国です。

だいたい、キャラの装備の買い方からして、勇者様全開ですからね。攻撃極振り。防御なんか知らねーぜ、と。殴って殺せりゃいい、俺がキルできりゃいいんだ、勝敗はどうでもいい、HUHAHAHAHAHA!

な感じです。

ゲーム自体は面白いのですけど、勇者様のおもりが面倒ですね。レベル30になると、ランクマッチになるので、多少はマシになるそうですが。そこまでが遠いw

日本サーバーができる、という噂もありますが、早くしてくれないかな、と思います。プレイヤの質が低すぎて、さすがにやる気が下がってきますね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-05-26 00:14 | League Of Legends | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 嗚呼、lolが最高すぎて死んだ      なかなかの文章である。ネガティ... >>