2013年 04月 14日

劇場版ドラゴンボールZ神と神が面白かった

劇場版ドラゴンボールを、ちょいと観てきました。

だって、ドラゴンボール直撃世代ですしー、なんか劇場版、評判いいみたいですしー、映画1000円だしー。

みたいな!

で見た感想としては。。。

面白かったですね!

ドラゴンボール世代の人は見ていいでしょう! さすが、脚本に鳥山明がかんでいるだけありますね。

なんか、某実写版がクソすぎてダメだったので、怒りの鳥山明が動いたそうです。見せてやろうじゃないか、本物のドラゴンボールを!

全編的にコメディタッチなストーリーです。こきざみにコミカルなシーンを入れてくるので、退屈せずに見せてくれます。サービス精神の密度がすごいです。

でも、戦うときのガチ加減。ここはもうガチガチの後期ドラゴンボールです。CGで描かれた背景を、ぐりぐりと動かした立体感のある戦闘は迫力があります。

どういう感じかというと、3部JOJOのカイロを舞台とした対DIO戦のような躍動感とスピード感があります。

ふと思ったのは、ドラゴンボールってのは、悪役の魅力があってこそなんだな、ということです。

今回、コメディタッチな展開の大きな理由のひとつは、破壊神ビルスの性格があります。悟空もベジータも登場していない時間帯があるのを考えると、全編にわたって出ていたビルスこそがストーリーを動かしていたと言っていいでしょう。

思えば、永遠の悪役フリーザさまにしても、セルにしても、魔神ブウにしても、やたらと存在感がありましたよ。そして、個性的。

そういった悪役の魅力があって、結局のところ、それを乗り越えようとする悟空やベジータたちの苦闘が輝くのでしょう。そして、読者、あるいは観客は、そんな彼らを応援し、共感していくと。

今回のビルスの魅力も、それに迫るものがありましたね。いいキャラ造形でした。

あと、面白かったのは、悟空が仲間の力を否定することですねw

詳細は省きますが、ビルスに勝てない悟空は仲間の力を得ることで一時的なパワーアップをし、ビルスといい勝負に持ち込みます。ただ、彼は、それが不満ですねw

彼の発言からすると、どうやら1人の力でビルスとの戦いを楽しみたいと。でも、修業をする時間もないし、今の時点では勝ち目がない。なので、仲間の力を借りるわけですが、それは悟空の本意ではない、と。

普通、主人公って、仲間の力を結集して勝つ、それが普通なんですね。自分一人の勝負にはこだわらないわけです。でも、悟空は1人で戦いたい、というのが本音なんですねw

仲間の力によるパワーアップを「気に食わない」という主人公www

亀仙人が評するところの「純粋な格闘バカ」というのは、悟空の二つ名としてぴったりですね。某所で書かれていたとおり「劇場版は、ドラゴンボールとは悟空が自分の強さを求め続ける物語である、と再定義した話」というのは、適切かと思います。

1時間30分という尺からもわかりますが、おそらく、テレビでやるでしょう。3年後かな。。。劇場版の続編がそれくらいにあると思うので、それにあわせてやると思います。興味がある人はそちらで見るのはどうでしょうか。

最後にメモ。
ブルマ/38歳
マイ/41歳

だそうです。。。が、ネットで調べると、ブルマはサバ読みらしく、45歳だそうです。

ところで、ブルマがベジータに「サイヤ人は年を取らなくていいわね!」って嫌味を言っていたんですが、なんでしょうか、あれは外見上の話なのでしょうか、ガチで年を取らない、という意味なのでしょうか。

なんだ、その「エヴァの呪い」みたいなのはw
これからも映画化を続けるための伏線でしょうかね。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-04-14 21:57 | 映画感想 | Comments(2)
Commented by あいーら(嫁) at 2013-04-16 08:34 x
変態仮面は見ないんですか?w
Commented by オニミキ at 2013-04-16 19:48 x
>あいーら(嫁)さん
HKはけっこう原作リスペクトがすごいらしいんですが、まあ、一緒に見たいという奇特な人がいたら、考えるレベルでしょうかね。。。w

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< やふぱ?      アベノミクスでどうなる? >>