2013年 03月 09日

がんだむえいごじゅく5

これで、既刊はすべて完走。

。。。うおおおおおおおおおお!
東方は熱く燃えているぅぅぅぅ!

こ、これは、面白い。。。!

なんていうか、キャプテンとマリーダさん、バナージャーとオードリーの関係が、今までゆっくりと積み上げられていた人間関係が、ようやく花を開く感じですね。

しかし、船に単身特攻するキャプテンが生き残って本当に良かったです。人相の悪さと立ち位置から、どうもランバ・ラルを彷彿とさせるんですねw ランバ・ラル特攻を思い出しました。

かつてのガンダムパイロットたちと同じく、君もガンダムに選ばれたのだと思いたい。いつもそれは結果的に必然だった。良くも悪くも、だがな。
Just like every Gundamu pilot has ever been, I truely believe that you are chosen by it. This was the only possible outcome for any of you. Whether that be good or bad, who knows.

ブライトさん、カッコよすぎでしたね。抱いて! っていうくらいイケメン。

元祖声優の鈴置さんがお亡くなりなので、代役を立てるくらいなら、他のキャラでいいんじゃない? と思っていましたが、この役割ができるのはブライトさんじゃないと、ダメですね。今までガンダムパイロットを見続けていた、ブライトさんだからこそ、言えるセリフです。

消えな!
Stay out of my way!

敵機を撃墜し、あげあげリディのセリフです。今回、彼の見せ場はこれくらいでしょうかw

stay +単語、remain +単語みたいな言い方は、どうも英語特有で。。。読めますが、口からは出てこないですね。

殿下。シャトルの打ち上げが早まりました。どうか、こちらへ。
Hiness, The shuttle lunch is pushed up, if you please, come with me.

if you please, は「どうか」とかいう丁寧な言い方だそうです。覚えたいですね。

lunchには名詞と動詞があります。最初、動詞かと思っていたのですが、isがあるので違います。

あと、この場合、動詞だとlunchesになるのが正しいと思います。動詞を聞いた時点でも、これは名詞だな、と判断出来ますね。こういうややこしいケースを迂回するために、三単現のsってあるのかもしれません。

つまり、あなたはアクシズ・ショックがまた起こると?
So, What you are talking about is another axis shock?

これも難しかったですね。。。
So what? っていうのは、英語として存在するんですよねw

is が最初、聞き取れなくて。。。So what? you are talking about another axis shock? といっているように聞こえました。困ったことに、これも、間違ってないw 

なにを考えているんだ、ひとりで世界と戦うつもりか!?
リディ>What are you planning to do, then fight the world alone!?

わたしはひとりではありません
オードリー>I'm not alone on this fight.

オードリー。。。ミネバさまの毅然とした態度がよかったですね。船から落ちようとするオードリー、手を伸ばすリディ。吊り橋理論を駆使して、口説こうとするリディに対して、強烈な肘打ちを食らわしますw

ここはですね、あの女性権利向上委員会のおばさんとの会話が生きていますね。彼女はオードリーを評して、プライドが高い、と言っている。

だから、ここで、理想が違うリディの手は取らないのです。取ってはいけないのです。そして、彼女は飛び落ちる。。。

バナージ。受け止めなさい。
オードリー>I'm waiting for you, banager. catch me.

やれるな、ユニコーン!
バナージ>Unicorn, don't let me donw!

ここは、もう、高まりますね。

理想の重なるバナージを呼び、彼を信じるオードリー。そして、ついにNT-Dを開放するバナージ。今まで我慢し、抑え続けていたNT-Dをようやく開放する。。。ああ、もう、もう。。。たまらない!

ユニコーンを見たときの、オードリーの嬉しそうな表情がね。。。

君の声が、はっきりと聞こえたんだ。うれしかった。ようやくわかったんだ。ここで僕がなにをしていたのか。みんな、君が僕を呼んでくれたからなんだ。
I heard your voice clear as day, and I was a happy. I felt like I finally understood what I was doing here. All because you called for me.

オードリーとバナージャーの会話がいいですよね。
お互いを信頼しあっているというかですね。。。

もうね、いいなあ、と。








リア充氏ね、ですよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-03-09 12:07 | 雑記


<< ガンダムUC エピソード6 感想      がんだむえいごじゅく4 >>