2013年 03月 07日

がんだむえいごじゅく3

ようやく3巻目ですね。

しかし、このシリーズは脚本の切り方がうまいですね。前半と後半に派手なシーンを持ってきて、最初と最後を盛り上げる、面倒な話とキャラ立ては中盤のインターミッションでさらっと処理、というのができています。

マリーダさん、かわいそうという話なのですが、マリーダさん、ちょっと脇甘すぎじゃないですかね。

というのも、今回、バナージ逃してますし、1巻でもオードリーを逃してるんですよね。ちょっと武人としてどうよ、と。相手シロウトだよ? マイアポロジーとか言っている場合じゃない。

でもね、それは、マリーダさんの優しさゆえの甘さなんだよ。萌え〜。

それで言い訳できるだろ! とっとと帰りな!
That should give you an excuse! Now, go home!

ギラズールの両腕を切断したリディの捨て台詞ですね。
今回は不殺が流行っております。

give you an excuseですか。
なるほど、確かに。。。

ちなみに、英語はgiveとかmakeとかgetの守備範囲がとても広く、文章を作るのに困ったら、それを使うと、意外と乗り切れます。偉大だよ、中学英語!

ちょっと待ってよ!
Slow down a second!

地球に行く、と言ったオードリーのセリフに対して、バナージが言った言葉。そりゃ、いきなり、そんなこと言われたら、驚きますねw

男と見込んだ。オードリーを頼む。
I'll take your word on it. I expect you to take care of Ordley.

去りゆくリディにオードリーを託す、バナージのセリフですね。

take your word on it って、男と見込んだというより、信じるぞ、的な意味な気がしますが。。。ちなみに、英語の字幕だと、「I'll take your word as a man」でしたね。こっちのほうが意味的にはあいますが。。。男女平等的にまずそうですねw

殺し文句だな。
He sure knows how to motivate someone.

先のセリフに対するリディの返礼。だけど、これ、直訳すると「あいつはやる気の引き出し方に詳しいな」みたいな感じなんですが、なんか弱い言葉ですね。

強化人間
Cyber New Type

なんと、サイバーなニュータイプ!?

わたしがわからないのか!?
Don't you recognize me!?

サイコミュジャックを喰らったマリーダさん、絶叫。
これは、そのまんまですね。

4枚羽
Quad wing

なななな、なんと、四枚羽がQuater wingから変わっております!
聞き間違いではないと思うのですが。。。

Quadは4つの意味がありますので、こっちのほうが直訳ですね。

これ以外にも、ハイパーメガ粒子砲が「Hyper Mega particle canon」になっていました。gunではなく、canonです。こっちのほうがそれっぽいですよね。gunだと水鉄砲みたいです。

訳す人が変わったんですかね。

露払いをする
clear pass

ホモアンジェロが、全裸大佐の援護射撃を開始するときに、言っていましたね。道を綺麗にするからでしょうか。

たけど、なんていうか、露払いのほうがカッコいいですよねw
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-03-07 23:04 | 雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< がんだむえいごじゅく4      がんだむえいごじゅく2 >>