2013年 03月 02日

ダイ・ハード ラスト・デイを見てきた

いやはや、面白かったです!

見た瞬間は、ブルール・ウィリアムス、年取りすぎやろ、と思ったわけです。

57歳って!
目尻のしわ! しわ! しわわわわわわわ!

ちょっと、老いすぎだろ、アクション映画的に。撮影中にぽっくりいったらどうするんだと。

だけど、話が進むにつれ、そんなものは気にならなくなるわけです。

もうね、むちゃしすぎ。さすがダイハート!
乗用車で装甲車に勝負挑むなよwww で、勝っちゃうしwww

暴走老人、とは、まさにこれですよ。

でも、この老人ってのが、いいんですね。この映画のテーマは親子愛なんです。ブルースの相棒は、ブルースの息子なんですよ。で、喧嘩中。

このふたりが、死線をくぐり抜けながら、だんだんと仲良くなっていくのがいいんです。

それをですね、ブルースの老いっぷりが、いい味出してくれるんですね。若くて有能だけど、まだ経験が足りない青年を、リードしてくわけです。渋みのある、泥臭いやり方でね。

最後、危機一髪の息子を助けるための、ブルースのとった策が、実にね。。。
「親は子に、つくすもんだ!」かっこいいですね。

やはり、こういうアクション映画は、映画館の大スクリーンで見るのが一番ですね。

映画の日、1000! はーはーはー!

ちなみに、家の近所に映画館が3つありまして、どれも、映画館固有の特別料金(1000円)の日があります。

つまり。。。
映画の日+3映画館で、4回も1000円で見ることが可能なわけです。

さらに、なんか、いつも「会員になりませんか?」といわれて、カード増やしたくなかったので、いや、いらん、と言っていたわけですけども。

なんか、ネットで見たら、5回見たら、映画が1回、ただ!

ええええええ!?
マジで!?

というわけで、しばらくは映画三昧なわけです。
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-03-02 14:07 | 映画感想


<< がんだむえいごじゅく      偽装派遣の次は、偽装裁量労働な... >>