2013年 02月 23日

また5冊追加。

わたしの進撃が再び始まりました。

去年一年はですね、英語の勉強のために本を呼んでいなかったのです。日本語は英語の敵だ! と。だけど、もう、いいんじゃないかと。

ふは、ふははははは。。。本を! 一心不乱に読もうじゃないか!

なんていうんでしょ。

ブコフがやばい。

安すぎるんですよね。今回、買ったのは。。。

・アナザー
・悼む人(上)
・悼む人(下)
・面白くて眠れなくなる数学

これだけで、なななななんと、1060円です。

アナザーは、アニメ化で話題になった、小説ですね。ハードカバーなんですが、これ、定価で1900円なんですけどね。

楽しみです。

ちなみに、ふふふ、わたしは、ちょっとした、システムエンジニアなんですけど。。。

・SQLアンチパターン

買ってしまいました。さすがにブコフにはないので、これは定価買いです。これだけで、3000円くらいでしたねw

久しぶりに現場に戻ってきたせいか、なんとなく、技術的な知的好奇心が微妙にうずきます。ああ、会社に絶望する前、確かにわたしの心には、技術者としての飽くなき向上心の炎が灯っていたなあ、少しばかり、思い出しました。

これら、大量の書物ですが、すべて持ち運ぶのも問題ありません。

だって、PDFにして、iPadちゃんにいれるからね!

クソ重い専門書も、ハードカバーも、すべて等しく、きさまら電子データにしてやるぜ!

逆に、電子化するからこそ、中古が気になりませんね。どうせ、すぐに本という形を失うわけですから。誰かの手垢がついていようが、どうなろうが、気になりません。

ブコフで大量購入>PDF化>iPad持ち歩き>消化

パーフェクトだ。。。
パーフェクトな循環系統じゃないか。

b0028685_1751475.png



今年はちょいとばかり、読書がんばってみようかと思います。

あ、ちなみに、KAGEROUは読了しましたw

別に、言うほどつまらなくはなかったですね。お金を払ったぶんは楽しめました。105円ですがw 厳密には、文庫本くらいの値段なら、ゆるしてやらんでもないですがね。

でも、心揺さぶる魂の物語!
とか書いちゃって、アレはないよなあ、とは思います。ハードル上げすぎだろうと。

普通の芸能人が書いた小説として売りだせば、別に悪くないじゃん、軽妙で読みやすく、ちゃんと話になってるじゃん程度の評価は得たと思うんですが、出来レースの炎上マーケティングに上記の煽り文句が組み合わさり、正常な評価がしてもらえなくなっちゃいましたね。

ブコフで105円で売ってたら、買ってみるのもいいんじゃないでしょうかw
[PR]

by netnetnet_78 | 2013-02-23 17:08 | 雑記


<< 偽装派遣の次は、偽装裁量労働な...      1500円デスティニィ >>