2005年 02月 13日

心の砕ける音

半分は仕事のグチなので、GNO2目当ての方は
よまなくていいです^^;

GNO2日記はちゃんと更新してますよ!

しまった・・・いつものくせでゲームに更新とばしちゃった・・・。
ゲームとは関係ないです!

すんません><




さて。
心の砕ける音を聞いたことがありますか?

自分はない。
思うに心は砕けるというより、内部からボロボロに
なっていくんではないかな~と。

ボロボロかって?

YES! YES! YES! YES!
YES! YES! YES! YES!
YES! YES! YES! YES!


自分はIT業界に勤めている。
とは、数日前の日記に書いたとおり。
どういう業界かは自己紹介カテゴリの記事を参照。

で、同じくIT業界に勤めている社員さんで、
心を病んでしまった人を紹介したコラムを発見。

・蝕まれる心、企業生き残りの代償

↓クリックすると開きます
第1回  あるケータイ用ソフト技術者の場合(1)
第2回  あるケータイ用ソフト技術者の場合(2)

第一回目のネタ振りがよい、第二回目が気になって
しまう、というのがこのコラムのよいとこだけど、
もう一つ、いいことがある。

それは、
IT業界の現実を端的に表現していること。

コラムでは携帯電話の開発者だけど、
別にその業務に携わる人だけではなく、
新規開発業に携わる人すべてに、
多かれ少なかれ当てはまるはず。

適当に抜粋。

> 携帯電話のソフト開発の難しさは、技術は複雑化しているのに
> 開発期間は逆に短くなっていること。

> 残業時間が増える一因である。入社1年目で月70時間、
> 2年目で月80-100時間。3年目は100時間を超え、
> 4年目以降は時には、月200時間に達した。

> 新機種、新機能の相次ぐ投入による競争激化で現場は疲弊、
> この業界から足を洗うソフト開発者は後を絶たない。
> 人材不足ゆえに、「不適格」と思える彼のような人物でさえ
> リーダーに据えざるを得ないのだ。

> しかし開発力が技術者個人の力に依りすぎていて、
> 献身的な長時間労働を常態化することでしか
> 解決できていないことを、同調査は示唆している。

・厳しい開発条件に答えられる人がいない。
・個人に集中した仕事を残業で切り抜ける。
・疲れ切って辞めていく。
・厳しい開発条件に答えられる人がいない。
・(以下ループ)

もう悪循環じゃないの、これ?
どうするんだろうね。
どうしようもないんだがwww

自分もこれほどじゃないけど、忙しい場所で
忙しく働いている。

今日で21連勤目。
もはや勝算のないプロジェクトを
何とかしようともがいている、というか
もがかされている。

働いていて、改心のプロジェクトなんて
出会ったことがない。いつもボロボロに
なるまで追い詰められて、なんとか
しのいできた。

でも、今回のプロジェクトで完全に
切れたかな。細く細く自分をつないでいた
一本の糸がプツンと。

これから何十年もこの仕事を続けていく
自信がない。技術に追われ、残業につぶされる
日常に、喜びなんて見いだせない。

もっとマトモな仕事がきっとあるはず!
あるはず・・・だよね?

たぶん、IT業界から一人の技術者が
じきに消えると思うけど、また別の人が
入ってくるでしょう。

その人たちの心が折れないうちに、
この業界がなくなればいいのにね。
[PR]

by netnetnet_78 | 2005-02-13 09:54 | 雑記 | Comments(4)
Commented by still_chage at 2005-02-13 10:33
うん。
Commented by りうそう at 2005-02-13 14:01 x
「この業界がよくなればいいのにね。」を素で
「この業界がなくなればいいのにね。」って読んでしまった俺も結構ヤバいのかなぁw
Commented by ノーザン at 2005-02-13 16:15 x
はじめまして。キャリ連のノーザン・ライトと申します。
キャリ鯖Blogを漁っておりましたところ、とても面白い内容なのでリンクさせていただきました。
よければ相互リンクをお願いしたいのですがよろしいでしょうか?

私も現在IT業界(しかもケータイ開発^^;)で働いております。
コラムを読んで他人事ではないな~とつくづく感じました。
実際、この業界は急に音信不通になる人が多数おります。
プロジェクトの予算も大幅に削られ、ノルマはさらにキツくなることも日常茶飯事です。
そんなことばかりしているといつかきっと破綻するときが来るのに、本当にどうしようもないですねぇ~。

幸い私の所属チームはリーダーが上の人をあしらうのが巧いため、無茶な開発はのらりくらりとかわしております。w
でもいつかは自分もそういう立場に立ち壁にぶつかるときが来るでしょうし、そのときに自分がどうするのか・・・今のウチに考えておかねば。
たぶん平気な顔(むしろ笑顔?)して逃げますけどw

まだまだ書きたいこといっぱいありますが、それはまた後ほどに。
お互い肩の力ぬいて気楽にいきましょう。^^
Commented by オニミキ at 2005-02-13 22:47 x
ご要望どおり「なくなる」ように書き直しておきましたよw

>ノーザンさん
リンクありがとうございます。相互リンク承りました^^。

ご同業の方ですか~。厳しいですよね~IT業界><。
自分も書きたいことがありますが、後のためにとっておきますw

リーダーは重要ですよね。・・・な人がリーダーのときは
かなり泣けます。頼むから、仕事の管理くらいしてくれって(涙

お互い、くじけないようにがんばりましょ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 第3クール[3日目]北米降下作...      第3クール[2日目] >>