2012年 12月 16日

新世紀ジャパンゲリオンQ

というわけで、大方の予想通り、自民党が大勝しました。今の時点の見込みだと、290~300超という感じです。

民主惨敗は予想通りでしたが、田中真紀子さんやら影の首相こと仙谷さんあたりが選挙戦で落ちたのは驚きですね。

支持基盤が強固な大物が落選とは。。。日本の何かが変わろうとしているのでしょうか。

そんななか、小沢さんの強さはずば抜けていますねw
逆風などものともせず、易々と勝利をつかむ。さすがは選挙の鬼w

なんとなく、おもしろいなあ、と思うのは、結局、この選挙結果、安部首相が前に辞めた時点(2007年くらい?)と似通っている点です。

・首相が安部さん
・衆議院は圧倒的だが、参議院は過半数が危うい

あそこで安部さんは病気もあって辞めてしまい、その後、福田さん、麻生さんと首相が代わり、そして民主党政権へと移行しました。

その、安倍さんが辞める直前の状況に、なーんとなく似ているんですよね。

まるで、今までの話はなかったことにして、再び5年前に戻った、新しいループの物語が始まったような既視感を覚えています。

ちょうど、日本がおかしくなったのは5年前からなんですよね。

あの、参議院選の敗北。

あそこで衆参がねじれてしまい、民主党が「反対のための反対」に邁進し、日本の政治は停滞し始めます。

あのとき、安部首相が辞めていなければ。。。?
日本はどうなっていたのだろう?

「今度こそ、君だけは幸せにしてみせるよ。。。」
まさか、安部さんが、カヲルくんだったの。。。?

頼みますから「ごめん、これは君の望む未来じゃなかった」とならないでほしいですねw

ちょっと気がかりなのは、「勝ちすぎた」ことですね。来年の夏に参議院選があります。ここでも勝たなければ、またしても、ねじれ国会になってしまいます。

なので、次も「自民党を勝たさなければ」意味がありません。

おそらく、野田さんの「不意打ち解散トラップ」はここまで見越しているのでしょうね。。。夏に解散すると、同時選挙になって、両方を自民党にとられる可能性があります。

ですが、今、解散しておけば。。。? 日本の民意はころころと変わります。わずか半年で自民党に失望している可能性があります。つまり、来年の夏に捲土重来のチャンスを残せるわけです。

おまけに、準備不足の維新ら第三勢力を葬り去ったのですから、野田さんは策士ですね。。。

今回、勝ちすぎてしまったので、どうしても、小泉さんの郵政選挙を思い出します。あれで「勝たせすぎた」と思った有権者が、次の参議院選で民主に票を入れたんですよね。同じことが起こらないか、危惧しております。

来年の夏が過ぎるまで、まだまだ安心はできません。
どうなることやら。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2012-12-16 23:07 | 雑記


<< 光の道      午後八時へのカウントダウン。。。 >>