2012年 11月 19日

はまぐり iPhone と呼ぶらしい

先日、iPhoneのふたがかぱっと外れた現象を紹介しました。

なんじゃこりゃああああああああ!?

という感じだったんですが、どうやら、わりと普通の現象らしいです。

名付けて。。。
iPhoneのハマグリ化(笑)

内部のバッテリが膨らむことによって、iPhoneが崩壊する現象らしいです。
かぱっとなった感じが、ゆでたハマグリに見えなくもないw

b0028685_22173437.jpg


写真だとわかりにくいかもですが、銀色の袋が「ぷくーっ」という感じでふくらんでおります。こいつがiPhoneの表側を押し出し、再起不能にしてくれちゃったようです。

ちなみに、日に日に膨張が大きくなっているようで、かぱっと感が日に日にましております。

ひどいよ!?
ひどいよ!!?

なんでも「リチウムイオン電池は、爆発を防ぐために、お亡くなり寸前になると膨張する」そうです。

それなら仕方ないかあ。。。爆発するよりはいいものね。
でも、なんか腑に落ちないんですよね。

だって、リチウムイオン電池なんて、ノートPCにもガラケーにも使われていますよね。今まで、こんなの、出会ったことがないんですよね。

アップル的には仕様らしいですが、ユーザー的にはええええ、という感じです。

ていうか、これ、iPhoneだけじゃなくて、mac book air とかでも起こるらしいですね。

おいおいおいおいおい。。。
末永く使うってのができないじゃないか。。。

ガジェット好きな人たちは、Macやスマホを一年ごとに買い替え、中古はさっさと売りさばく、というのをしているらしいですが、こういうのがあると、それ、正しい行動のように思えますね。

これは。。。
とんだ、アップルタイマーですなwww



萌えよ 幕末女子 蛤御門でつかまえて
ししゃも歳三 今川美玖
メディアファクトリー
売り上げランキング: 92890

[PR]

by netnetnet_78 | 2012-11-19 22:29 | デジタルガジェット


<< エヴァンゲリオンQを観てきました      PM Noda dissolv... >>