2012年 02月 24日

ぴりぴん探索行

海外留学してみたのは、ぶっちゃけ、現地で暮らしてみたかった、という理由が大きいです。そんなわけで、学校の近所を散策してみました。

感想。。。
北斗の拳の世界みたいですw

建物や風景の雰囲気は「1980年代くらい」というと、それくらいの年代がわかる人には「あー、そんな感じですね」と共感されます。電化製品も、なんというか、ボロくて、実に1980年代臭が漂います。電気効率が実に悪そう。。。

そんな、ボロっとした感じに加え、やたらとバイカーとDQNが多い。改造ジープも走っています。まさに。。。

「ひゃっはー! 汚物は消毒だぜええええ!」
と叫び出しかねない勢い!

汚物は消毒だぜええええ! と言われているのかどうかは知りませんが、たまーに、現地人DQNが、外国人であるわたしを現地語でアジってきますね。おのれ、DQN。。。

マトモなぴりぴん人は、普通にいけていて、礼儀正しいです。ですが、DQN比率も高いですね。その比率は日本とは比較にならないです。

あと、ストリートチルドレンもいますね。「ぎぶみーまねー」と言ってきます。相手をしちゃいけないので、ガン無視です。

それと、この周辺だけなんでしょうか、信号がないですw
なので、道路を渡るときが、実に難しいw

車の免許を持っていないわたしですら、日本の運転に比べて、半端じゃなく荒いってのが、見てわかりますw 荒れ狂う車がぶんぶん走っているさなか、まさに銃弾が飛び交う戦場のなかを、空気とタイミングを読みながら突っ切りますw

任せてくれ、空気を読む力は、日本で鍛えてきたよ!
一度も、読めなかったけどな!

ボロっとした建物や、走りまくるバイク、DQNの数を見ていると、実に北斗の拳です。通りに面しているところなら、危険はないそうですが。

ただ、ダウンタウンとか、市場とかはガチでヤバいそうです。

現地人が言っていましたからね。「俺たちですら危ないよ、物取られたりするよ、行くときは、ブレスレットとか高そうなのは外していくよ」と。

ブレスレットですら高価だと反応する危険ゾーン。日本人なんて、きっと、「ぽーっくんは歩く身代金!」に見えるでしょう。

なもんで、ダウンタウンは怖いので行けません。危機回避能力は高いんですが、さすがに襲撃されると、どうしようもないので。。。

日本の都会にある、常人立ち入り禁止の場所なんて、アニ○イトと虎○穴くらいです。そんな危険区域がポコッ、ポコッと存在するのが、海外の現状なんでしょうかね。

今でこそ、お上品な国、日本ですが、高度経済成長期の走りは、こんな感じだったのかなあ、と思った次第であります。
[PR]

by netnetnet_78 | 2012-02-24 15:33 | ぴりぴん


<< ぴりぴんと日本の温度差      ぴりぴーん留学、初授業 >>