2011年 12月 13日

あなたの人生、イージーモード? ハードモード?

面白いデータがあったのでコピペ。

卒業年度****倍率****求人数***就職希望学生数
1987年3月卒 2.34   608,000人  259,500人
1988年3月卒 2.48   655,700人  264,600人
1989年3月卒 2.68   704,100人  262,800人←バブル景気
1990年3月卒 2.77   779,200人  281,000人←バブル景気全盛
1991年3月卒 2.86   840,400人  293,800人←バブル景気全盛
1992年3月卒 2.41   738,100人  306,200人←バブル景気
1993年3月卒 1.91   617,000人  323,220人
1994年3月卒 1.55   507,200人  326,500人←バブル崩壊の影響が始まる
1995年3月卒 1.20   400,400人  332,800人←求人倍率の極端な低下
1996年3月卒 1.08   362,200人  362,200人←求人倍率の極端な低下
1997年3月卒 1.45   541,500人  373,800人
1998年3月卒 1.68   675,200人  403,000人
1999月年3卒 1.25   502,400人  403,500人
2000年3月卒 0.99   407,800人  412,300人←求人倍率過去最悪の就職難
2001年3月卒 1.09   461,600人  422,000人
2002年3月卒 1.33   573,400人  430,200人
2003年3月卒 1.30   560,100人  430,800人←内定率過去最低55,1%の日本記録
2004年3月卒 1.35   583,600人  433,700人
2005年3月卒 1.37   596,900人  435,100人
2006年3月卒 1.60   698,800人  436,300人←好景気
2007年3月卒 1.89   825,000人  436,900人←好景気
2008年3月卒 2.14   932,600人  436,500人←団塊退職&好景気
2009年3月卒 2.14   948.000人  443,000人←団塊退職&好景気
2010年3月卒 1.62   725,000人  447,000人

さらに。。。
>11月14日発売の『就職四季報2013年版』によると、
>来春2012年の新卒採用数の増減率が、11年の6.0%減
>から8.7%の増加に転じた。

なので、1.62より増加する感じでしょうか?

就職厳しい。。。不景気だって言われてますので、戦力にならない新卒の求人なんて、てっきり1.0を割っているかと思っていたのですが、そうでもないんですね。

わたしが卒業した時期に比べたら、ぜんぜんイージーモードですね。ていうか、わたし、かなりのハードモードだったんですねw 知らなかったよ。。。

てっきりわたしの時代よりも厳しいと思っていて、新卒に同情していたんですが、しなくてもよさそうですね。数値を調べると、意外な事実がわかってびっくり! びっくり!

そういえば、前職のブラック企業に在籍しつつ、転職活動をしている人からメールが来ました。

「来週、5社の面接うけてきます!」

5社ってすげーw 早く決まって脱出できるのを祈っております。全滅だけは避けて><

意外と世の中って雪解けってるのでしょうかね?
[PR]

by netnetnet_78 | 2011-12-13 07:03 | 雑記 | Comments(2)
Commented by タカト at 2011-12-13 17:27 x
俺の年は・・・内定率過去最低55,1%の日本記録。・・・あれ、仲間内は俺を含め全員就職出来てたような・・・。
Commented by オニミキ at 2011-12-14 05:54 x
>タカトさん
意外と就職できますよね。。。まあ、いわゆる超絶優良企業を目指すと、壮絶な競争があるのでしょうが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< マクロスF、面白いですね。      ちょっとおかしいくらい寒い >>