2011年 09月 13日

Mouse Without Bordersが神々しすぎて生きるのがツライ

現状、複数パソコンの同時並列展開をしておりまして、テーブル上に3台のマシンが並んでいます。(1台マック、2台ウィンドウズ)

んでまー、困るのが操作なんですよね。

Aマシンを操作しているとき、こう、Bマシンを触りたくなるんですよねw ああ、もう、ディスプレイの垣根なんて気にせず、すっとべよ! とw

Bマシンのブラウザに出ている、その文面を、コピペしたいんだよ!
みたいなw

まあ、でも別のマシンだから、できるはずがないんですよね。
なんて、思っていた時期が俺にもありました。

Mouse Without Borders
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20110912_476948.html

マイクロソフト謹製の、LAN内PCの、入力インターフェース共有ソフトです。

マジです。
マジで、ぶち抜きましたね、パソコンのモニター、その限界をw

突破せよ!

今、ThinkPadマシンで、普通に隣のHPのノートを操作しています。上記のURLはそこからコピペでかっさらってきましたw

これ、SUGEEEEEE!

なにがいいかっていうと、ものすごく設定が簡単なこと。

IPアドレスの設定とかいらないんですよ! 単に両方のマシンに、MWBをインストールして、親機の設定コードを、子機に打ち込むだけ。簡単!

IPアドレスを打ち込まないってのが、すごくいいです。
IPアドレスを固定にしちゃうと、割り振りの管理とか、メンドくさいですからね。。。

いやー、クリップボードまで同期している環境って、スゲーです。
とっても快適ですね。

Windowsマシンを2台以上、扱っている人は入れてみてはどうでしょうか?
[PR]

by netnetnet_78 | 2011-09-13 23:50 | 雑記


<< ガラパゴス大爆死      100人斬り達成! >>