2011年 09月 13日

100人斬り達成!

ようやく100冊の本が星となり、電子化されました。

b0028685_23431125.jpg


本の残骸たちよ!
いままで、時間をともにしてくれてありがとう!

10日くらいなので、1日平均10冊といったとこでしょうか? 

最初は調査しながらの作業だったので非効率でしたが、方法論を確立してからは、かなり効率が上がりましたね。なので平均的にはそんなものでしょう。

スキャナ機ScanSnapのカウントによると、スキャン枚数は17091だそうです。

1冊平均、170枚のスキャン? 1枚2ページなので、1冊340ページ。だいたい、そんなものですね。

ちなみに、容量は4.8GBでした。
1000冊スキャンすると、概算で50Gか。。。

100冊やってわかったことは。。。
自炊セットを買ったのは大正解だった、ということですね。

近年、自分が買ったもので衝撃を受けたのはiPhoneですが、それに匹敵する衝撃がありました。

まず、ScanSnapが神すぎますね。なんだよ、あの読み取りスピード。あそこまで速いと、もう書籍とか関係なく取り込んじゃおうぜwww というくらい。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
富士通 (2009-02-07)
売り上げランキング: 90


さらに電子化自体が、本当にすばらしい。
本を捨てられて、スペースができる、というだけじゃないんですね。

本を探す手間がないんですよ。常にパソコンなりiPhoneに入っているから。手元でパチパチっとやれば、すぐに出てくる。埋もれていた本、ってのがなくなるんです。

さらに、小説とかは読みやすさも電子化したほうがUPすると思います。モノクロスキャンの読みやすさはマジゴッドレベル。ページもめくらなくていいので、ラクチンw

参考書類の取り扱いもいいですね。

プログラムの学習本とかを横に開きながら見てると、スペースはとるわ、ページを開いたままにしないといけないわで大変ですが、電子化しておくとディスプレイに展開できるので、見ながらの作業がはかどるはかどる。

完璧すぎて、笑いが止まらないw
本を最高に活かすのは、電子化です。間違いない。

本が本棚から溢れているとか、本が多すぎるから新しいのを買うのをためらっちゃうって人は、自炊オススメです。

そんな電子化にも若干、弱点はありますね。

それは。。。
マンガの見開き!

b0028685_23561761.png



ちょっとおかしいですよね?

裁断する関係上、どうしても、ページをまたがっているものについては、間が途切れてバランスが悪くなっちゃうんですよ。。。

13面ぶち抜きライジングサンとか、きっと太陽が昇らないレベル。

1ページずつ見るようにするとか、ぶっちゃけ気にしないとか、対処法はそれくらいなんですが、困ったことに、マンガの見開きってのは、いわゆる「キメ」なので、そこに傷がつくのはちょっと、アレですorz

でもまー、仕方ないですね。仕方がない。
それに、全部がおかしいってわけじゃないですしね。

b0028685_23561836.png


これなら、さほど違和感はない。。。かな?

好きなマンガは原本で残しておくのがよいと思うのですが、基本的にわたしは好きなマンガしか買ってなかったので、それをすると、一切の電子化ができないw

というわけで、諦めます。気にせず、刀のさびにします(泣)

いずれ電子化の手順については、備忘録も兼ねてまとめるつもりですが、最終的にいきついた結論だけ先に紹介しておきます。

「割り切れ」

これですねw

割り切る。完璧を目指すのは、できなくはないのですが、こだわればこだわるほど時間が飛びます。もうそれなら電子化するより、本として持ってたほうがいいです。

電子化は、あくまでも、読めりゃいいじゃん、を意識して、いかに効率よく進めるかです。ある程度のアラは仕方がない、そういう割り切りが必要です。

というわけで、これからジャカジャカと進めていこうと思います。
ただ、問題は、ですね。。。

100冊処分したくらいでは、家の風景が変わってないことですねw
500冊くらい殺らないと、世界は変わらないのかなあ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2011-09-13 00:04 | 雑記


<< Mouse Without B...      グーグル日本語入力いれたったw... >>