2011年 06月 12日

とあるプロマネの神経衰弱(マインドブレイク)

ブラック会社なう! オニミキです。

わたしはSEとしてプロジェクトに参画しています。よって、プロジェクトマネージャーという職責の人が上司になります。

今回のPMさんはとても頑張り屋で人格者。ちと空回りしていたり、仕事を背負い込む癖がありますが、信頼の置ける人です。

ブラック企業は、そんなPMの心だって折るんだぜ?

大きな会議が迫り、五月の終わりからPMさんはバタバタと忙しくしていました。

ことの発端は上司からの一本の電話でした。

「会議の前に、ちょっと画面レイアウトなおして」

全体に波及する修正+全体の量が半端じゃない状況。PMは無理だー! と全面闘争を展開。結果、会議が一週間『だけ』延びました。

そう、だけ、なんですねw
ぜんぜん時間が足りないw

そのPMさんは腕のいい技術者でもありますので、「わたしがすべてをまにあわせる!」と本気モード。

・土日出勤(終電退社)
・月曜泊まり込み

と「ひとりで」働きづめに働きます。

部下に負荷をかけず、自分で何とかしようとするのはこの人のいいところであり、悪いところなんですが。。。

わたしは「どうせ会議前日まで忙しいでしょうから、日曜は休んだ方がいいですよ」と言ったのですが、「月曜で決着つけて、あとは定時退社するんだい!」と言ってがんばり続けました。

まあ、見込み通り、月曜で決着はつかず、会議の前日まで終電退社になってましたがw

事件は、その前日に起こった!

また上司から電話があり「社長に伝わってなかったわー。会議、のばしてもいいかなー?」

ちょwwwおまwww
PMさんの努力www

社長に伝わっていないのは窓口である上司の責任です。

激怒したPMは反論するわけですが、上司は「何回もプッシュしなきゃダメだろ!」と逆ギレ。いや、かなりプッシュしてたと思うよwww

この時点でPMさんの怒りゲージは振り切れたわけですが、ここで終わらないのがブラック企業です。

会議はなんとか開催されたわけですが、この会議がまたひどかったですねー。。。

PMさんが作り直しをさせられた画面はほとんど使われず、PMさんが想定していた議題のシナリオは無視され、PMさんの話にも耳は傾けられず、他の有識者たちの意見ばかり重用される。

まさに打たれるためだけの司会者。横で見ていて心臓が痛かったですね。うわー。。。という感じでした。ないわー。

会議後、コケにされたPMさんの激怒は、そりゃもうすさまじいものがありました。

PMさんは怒りっぽい人なんですが、冷めやすい人でもあるので引きずらないんです。今回ばかりは怒りの持続力が半端じゃなかったですね。

で、その後、上司を呼び出して、ハルマゲドンを展開していました。あれだけの努力が、なにひとつ報われないどころか、足蹴にされましたからねー。。。

PMのあの姿を見ていると、近い将来の自分の姿を想像して、身が震えますね。いやー、さすがブラック企業。人をクラッシュするのがお上手お上手。

その後、PM激怒の余波なのか、もう何度目? と言いたくなる体制変更がおこなわれました。すさまじく意外な人事だったので絶句ものだったのですが。。。

近くのSEが疲れた表情でこうつぶやきました。

「またですか。まあ、もうなにが起こっても、驚かないですけどね」
[PR]

by netnetnet_78 | 2011-06-12 00:02 | 雑記


<< べ、別に准将になったからって嬉...      鳩山と管がオモシロイ >>