2011年 05月 29日

ブラック企業は油断がならない

ブラック企業か否か見極めるポイントのひとつとして「試用期間と本採用の待遇に差があるかどうか」というのがあります。

この場合の待遇とは、ニアイコール給与なのですが、基本的に「試用期間の給与が本採用時よりも安い」設定の場合はブラックの可能性があります。(※あくまで可能性です)

でまー、わたしの勤める真性ブラック企業も、ご多分に漏れず、きっちりと試用期間中の給与は安く設定されています。

先日、ようやく試用期間を脱したので本採用時の給与になったんですね。ああ、これで白いおまんまが食べれるよーと思い、給与明細を眺めたわけですが。。。









給料、試用期間のま☆ん☆ま!?

ビックリしましたね―w

さすがのわたしも大急ぎで人事に駆け込み、襟首をつかんで「どういうことか釈明しろや、このボケ!」と言っちゃいました。

すると人事も真っ青で「え! 本当ですか!?」と。どうやら経理上のミスらしく、すみやかに差額は追加で振り込んでもらえました。

給与明細を見てなかったら、ずーっと試用期間のままだったんでしょうかね?w

本当にミスだとは思うのですが、真性ブラック企業だけに「実はわざとじゃねーだろーな?」と疑ってしまいますね。

前職ではそんなに給与明細なんてチェックしてませんでしたが、これからは毎月チェック、さらに振り込みまでされているかチェック! それくらいしないとダメですね。

さすがは真性ブラック企業。
ほんの少しでも気が許せないwwwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2011-05-29 09:36 | 雑記


<< 100にひとつの望みでも、俺は...      ポメラが最強すぎて泣いた >>