2011年 05月 09日

漆黒の悪魔

昨晩、眠る前にコップを眺めると、黒々とした液体が残っていました。
ああ、コーヒーの飲み忘れか。。。と思ったのですね。

一気に飲み干すか、とも思ったのですが、眠る前です。コーヒー飲むのはなあ。。。と思い直し、そのまま放置して寝ることにしました。

で、次の日の朝。

これでコーヒーの残量が減っていたらミステリーというか、ぶっちゃけホラーなんですが、昨日のままの分量できっちり残っておりました。

朝食で取るには少し足りないかな、と思い、冷蔵庫からコーヒーのパックを取り出して継ぎ足したわけです。

焼けたパンに優雅な手つきでバターを塗り、茶色味がかかった表面に歯を突き立て、小気味のいい音を立てて噛み千切ります。喉を通るトーストとバターの甘みと言ったら!

ああ、なんと爽やかで落ち着いた朝のすばらしさでしょう!

そこにコーヒーの苦みが加わればまさに至福!
わたしは手を伸ばしてカップをつかみ、喉へと流し込み――













ぶっふぉふぉ←吐き出す音

いやー。。。
吐いちゃいましたねw

コーヒーじゃなくて、明らかにコーラ的な成分が混ざっています。

どうやら、最初に入っていたのはコーヒーじゃなくて、コーラだったようです。黒かったから、わからなかったw

大量にシロップをぶちこんだアイスコーヒー。。。とも言えなくはなかったんですが、ものすごい角度の不意打ちだったので、耐えきれませんでしたw

いやー。。。
黒い液体にはご注意ですぜ!
[PR]

by netnetnet_78 | 2011-05-09 22:07 | 雑記


<< ブラック会社の衝撃      焼き肉屋に行ったら頼むもの >>