2011年 02月 19日

永遠のゼロはおすすめデース

面白い小説を紹介しましょう。永遠のゼロ、これはオススメです。

永遠の0 (講談社文庫)
永遠の0 (講談社文庫)
posted with amazlet at 11.02.19
百田 尚樹
講談社
売り上げランキング: 117


第二次世界大戦を舞台とした、とあるパイロットの物語ですね。

真珠湾攻撃にも参加、空戦の秘技・左捻り込みも使いこなすエースパイロット、宮部。

しかし、彼はその才能を「自分が生き残るため」だけに使っていました。愛する妻と子供の元に生きて帰るために。周囲に臆病者とあざけられながらも。

それほど生に執着した男が、同僚に「カミカゼ特攻に指名されたら、機体不良を装ってでも生き残れ。死ぬな」と助言した男が、なぜか終戦の一週間前にカミカゼ特攻で死ぬことを選択する――

どうして彼は死ななければならなかったのか?
それがこのお話しのメインエピソードです。

第二次世界大戦の復員者からのインタビューという形で語られ、浮かび上がる宮部の生涯、哲学。物語の構成がうまく、常に読者の興味を引き続けます。

さらに、これは軍記物としても面白いんです。展開が真珠湾攻撃から終戦まで、時系列に並んでいるので、当時の日本がどのように戦い、敗れたのかが克明に描かれています。

ミステリーであり、戦争物――本当によくできていますね。

あの時代の空気を、上質なエンターテイメントとして読ませる名作だと思います。ぜひ、読んでみてください。
[PR]

by netnetnet_78 | 2011-02-19 23:57 | 読書感想


<< 地震がすごいですね      GNO3・ゲルJ☆優秀すぎ、ワ... >>