2004年 12月 19日

ハウルの動く城(80点)

年寄りになる呪いをかけられたソフィーが、魔法使いハウルとの
生活を通じて、自分の居場所を見つける話。

千と千尋の神隠しをストレートに継承した感じで、ヒロインの
精神的な成長を描いている。非日常における日常で、ヒロインの
ソフィーは「生きる」ことに前向きになっていく。

終盤が、唐突で多少、ゴリ押し感があるのも、千と千尋に似ている
のはご愛敬。それを差し引いても、いい作品。ハラハラドキドキ感
はないが、心の温まる作品。なので、ラピュタやナウシカを期待すると
肩すかしを食らうかも。

ちなみに、ハウルの城は動かなくても問題ない。




<<以下、ネタバレあり>>
千と千尋の神隠しで大成功した宮崎駿の最新作、
それがハウルの動く城。

もののけ姫以来、名の知れた役者を声に起用するのが
話題になっていて、今回はなんと、あの「キムタク」!

「メイビー」
「てかよ~」
「なにやってんだよ!」

役を演じているというより、何をやってもキムタクは
キムタクという感じの、キムタク様。

「ヤンチャで芯の通った若者」のキムタクが、
果たして、「静かで線の細いさわやかな青年」を
演じることができるだろうか?

CMはただの一言もキムタクの声を聞かせない徹底ぶり。
キムタクの声が聞きたければ、金払えって劇場こいや。
といわんばかりのジブリの声が聞こえてくる・・・。

で、見た感想。

うまいじゃないか、キムタク!!!

あれは、キムタクがやってるよ、という事前情報がなければ、
キムタクと思わない。ちゃ~んとハウルでした。

興奮すると、トーンがキムタクになるけど、それはそれで。
いつもとひと味違うキムタクの演技。聞く価値ありかも。

で。作品の感想。

主人公ソフィーは帽子屋さん。「祭りが始まるから一緒に行こう」と
誘われても「これ終わらせてから後から行く」と答えるキマジメな女の子。

帽子屋さんも「死んだお父さんがやっていたからやっている」だけで、
妹から「自分のことちゃんと考えなくちゃ!」と叱咤されるほど受動的。

で、そんなソフィー、沼地の魔女に呪いを掛けられ、婆さんになってしまう。
そこからのソフィーの行動はこんな感じ。

1.誰にも相談せず、一人で町を出る
2.ハウルの城に転がり込み、勝手に掃除婦を始める。

キマジメで受動的な女の子が・・・。
年寄りをネタにした自虐的ジョークも冴え渡り、以前の上品な淑女の
姿はどこにもなく。

年取ったというより、性格かわっているんですけど!!!

そのソフィー、ハウルの代理として王様と謁見するため、城に行く。
そこで宿敵、沼の魔女と相まみえる。城にたどり着く前には長大な
階段があり、二人の年寄りは必死の形相で階段を上る。

ソフィーは余裕で階段を上りきるが、沼の魔女は長年の不摂生のためか、
よれよれになって、途中で半ば力尽きる。

それを見たソフィー、頂上から声を掛ける。

「ザマ~~~~~~~ミロ!」とでも言うのかと思っていたら、
「あんた、がんばんなさい! 王様に会うの夢だったんでしょ!?」

心、広すぎ!!!

お、おい、ソフィー。誰のせいで、そんな苦労しているのか忘れたのか?
まさか「年寄りだから物忘れした」とか、口走ったりしないよね?

で、励まされた沼地の魔女、謁見は王様の謀略で、彼女は魔力を
奪い取られてしまう。で、シオシオの普通の婆さんになってしまう。

沼地の魔女、リ・タ・イ・ア!!!

お、おい! 君はさ、ソフィーに呪いをかけた張本人で、
ハウルの命を狙う人間でさ、その、ほら、ラスボスってやつじゃないのか?

という自分の応援の甲斐なく、沼地の魔女は復活することなく、
もうろく激しい婆さんとして、ハウルの城の居候になってしまう。

狙われていたハウルも、呪いを掛けられたソフィーも、
彼女の同居に何の異議も挟まない。

自分なら「どこででものたれ死ね!」と言い捨てて放置するんだが。

ひょっとして、自分の心、狭すぎ?

一方、もう一人の主役、ハウル。
自称、「臆病者」らしい。

臆病者?

初登場シーン。
柄の悪い兵士に絡まれているソフィー。その間に割って入り、
魔法で兵士を追い払う。さらに、追ってくる魔女の手先からも、
優雅にソフィーを先導しながら、見事に逃げ切ってみせる。

「僕は臆病者なんだ・・・」

あの、どう見ても、臆病者には見えないんですが。

「僕は臆病者なんだ・・・」

あ、はい。わかりました。

で。
何だかんだで、大円団を迎える。すでに若返った
ソフィーなんだが、ここで、老若男女、人間、非人間を問わず、
キスしまくる。たぶん、5分間で5人くらいにキスしまくる。

ヒロイン、キス魔で終わりかよ!!!

そんな自分ですが、ハウルの動く城、けっこう好きだったり。
・・・ホントだよ? ホントなんだってば。
[PR]

by netnetnet_78 | 2004-12-19 17:01 | 映画感想


<< 第2クール[42日目]サイド4...      第2クール[41日目]サイド4... >>