2010年 09月 22日

Ever17 クリア

Ever17というゲームをクリアしました。


BEST HIT セレクション EVER17  ~the out of infinity~ Premium Edition
サイバーフロント (2010-08-26)
売り上げランキング: 2205



シュタインズゲートの紹介を眺めていると、名作だー! とよく比較であげられていたんですよね。というわけでレッツプレイ。

海底アミューズメント施設に閉じ込められた6人の男女の脱出までを描くノベルゲームです。主人公が青年と少年の二人で、どちらかを選ぶことで微妙にストーリーが変わります。

なるほど。
破壊力はすさまじいですねw

ミステリではよくある手なのですが、まさかゲームで喰らうとは思わなかったので不意をうたれました。ゲームの特性を生かしていると思います。

このゲームはトゥルーエンドに価値があります。

四人のヒロインのルートを順にクリアしていくといろいろと違和感があるのですね。齟齬というか。

この状況とこの状況がうまく噛み合わない。。。
状況AとCをつなぐのはBのはずなのにD?

みたいな。まるで微妙にピースの揃わないだまし絵のパズルを見せられているかのようなそんな気分でしょうか。

四人のルートをクリアして開示されるトゥルーエンドですべてのタネ明かしがおこなわれ、スパッと全容が明かされます。

この最後の解明の瞬間の鮮やかさはヤバすぎますね。次々と真相のカードが切られていくさまは本当に『解答の悦楽』でしょう。

いやー、すばらしい。

とまあ、最後までやると面白いのですが、なかなか他人にすすめにくいです。

理由はトゥルーエンドまでが冗長なのですよね。。。閉じ込められた彼らは水没の直前まで遊んだりダベっているだけなのでかなりキツい。

率直なところ、最初の12時間くらいはかなりゲームを投げ掛けました。

各ルートを通してからはスキップモードが使えるし、そのころには齟齬に気づき始めるのでガマンできるんですが。。。そこまでがツラい。

トゥルーエンドまで20時間はガマンしてね!
というゲームなので、ちょっとなあ。。。といった感じですね。

トゥルーエンドにはそれだけの価値があるゲームなので、時間に余裕のあるかたは遊んでみてはどうでしょうか。
[PR]

by netnetnet_78 | 2010-09-22 18:43 | 雑記


<< 拳を振り上げるのは結構だが振り...      GNO3・そろそろ次クール告知... >>