2010年 06月 20日

GNO3・エゥーゴにきて驚いたこと

エゥーゴにきました。

で、驚きました。

エルメスやザメルに群がる連邦組の、その鬼気迫る迫力に。

これはもうなんていうか「殺してでも奪い取れ」ですよね。

ピラニアの泳ぐ川に生肉を投げ込むとこんなふうになるのかもしれません。あるいは、銀行の倒産騒ぎがあったら、人がこれくらいの勢いで殺到するんだろうなあ。。。と思わせるほどの恐怖でした。

連邦側の射撃機の悲惨さを考えれば、気持ちはわからないでもないですが。。。

エルメスやザメルが売れまくるのは納得でしたが、ひそかな伏兵がいました。ガベテトです。最初はGPあるからいらないだろ、と思っていたのですが、どうやら射撃機として運用したいようですね。35k~40kラインで売れるのにビビりました。

連邦からエゥーゴ来る人ってガチで大変ですね。わたし、このサバイバル競争見てたら、ティタでいいや。。。と思っちゃいます。肉食系のアグレッシブさが必要ですね。

ていうか、連邦>エゥってジオン以上に複アカ推奨じゃないですかね、これ。単アカじゃ、絶対に揃えられないだろと。そりゃ合流用のアカとしてジオンに複アカ仕込むってのも納得です。

ジオン側ですか?
いや、楽ですよw

なかなかでない後衛機体を2機も集めないといけない連邦に比べれば、あまり気味の前衛機体を1機とれればいいんだから、むっちゃラクですね。

わたしは時代移行直後にマケのぞいてGP01を買って終了しました。フルバンは諦めてましたので問題なしです。ラクですねえ。。。

ジオニズムの人ですが、ガンダムに乗れたのはちょっと嬉しかったですね。わー、ガンダムだーって。やっぱり主人公機ですね。ちょっとテンションあげあげでした。不覚。。。






なかなか、こう、違う文化同士が融合するのは興味深いものがありますね。エゥには興味がない人も一度は行ってみるといいかもしれません。プチお祭り騒ぎがわりと楽しいです。
[PR]

by netnetnet_78 | 2010-06-20 20:31 | GNO3(更新終了)


<< 今日この日をどれだけ待ち焦がれたか      iPadを触ってきました。 >>