2010年 05月 11日

GNO3・お前の反射神経を測定してやろう

えー、みなさん。GNO3第2クールいかがお過ごしでしょうか。
すっかりゲーム内容が変わってしまいましたね。

もはや「カルタ取りゲーム」です。

Pグフ、陸ガンは4機積みがデフォルトであるため、自分で作る以外に選択肢はありません。よって今のシーンはひたすら「開発P任務を回す」です。

1クール目の仕様なら問題はなかったのです。
1クール目の仕様であるなら。

2クール目の鬼畜仕様がプレイヤーたちの前に立ち塞がります。

任務回数の回復率の激減です。

だいたい15時間で6回リチャージくらいでした。
文字通りの大激減。

つまり状況はこうです。
・開発P任務のため任務の需要が圧倒的に多い
・任務の供給自体は圧倒的に少ない。

崩れ去った需要と供給のバランス。
その向かう先はなんなのか。。。

文字通りの奪い合いでした。

ピラニアの水槽に生肉を放り込んだらこれくらいの速度で消えるのかもしれませんね。

1.任務リロードボタンをひたすらに連打
2.表示されたら「開発Pの出る任務」か瞬時に判断
3.OKならば光の速さで任務IN

リロードボタンが押されてから任務が表示され、埋まって消え去るまでの存命時間は、おそらく

1秒を切っています。

その1秒の間に
・表示された任務内容の判断
・任務に飛び込む操作

をしなければなりません。まさに「人間の反射神経の限界に挑むエクストリーム・スポーツ」の誕生です。

GNO3はプレイヤの平均年齢層が高いゲームです。老化現象を危惧したバンナムがボケ防止のために用意してくれたのかもしれません。

とっさの判断も難しいんですよね。

開発Pの出る任務は
・生産基地
・輸送部隊

の2種類です。

パチもんくさい名前もあるんですね。
・前線基地
・補給基地

ktkr! と思って飛び込んだらパチもんだったときの衝撃。

あまつさえそこでチーメンから「生産基地防衛B@2」などと声を掛けられたときの敗北感と言ったら。。。!!! 

この握ったこぶしをどこに叩きつけろと。。。!
ボクにこの手を汚せというのかッ!?

今回ほどチームの存在がありがたかったことはないですね。チーム縛りという名のサンクチュアリ。おかげで安定して稼がせてもらいました。

イン直後のタネをもったチーメンが神さまに見えました。いやマジで。後光さしてましたもん。靴を舐めろと言われたら舐めれそうなくらいです。

午前3時30分までがんばって1000くらい貯めましたが、いろいろと体力の限界を感じて崩れ落ちました。

開発Pの時給は100ですね。チーメンもほぼ同じだったので平均くらいかと思います。12時間回せば届きます。12時間かあ。。。

で、今日のメンテ開け。

b0028685_20332058.jpg


届いた。。。至った。。。!
あまたのプレイヤが目指す到達点に。。。!

届いたら届いたでPグフを4機作る補給が足りないという切実な問題が発生しました。あー。。。金か。。。世の中は金か。。。!

特殊任務は10分で100、1時間で600円くらい?
野戦は1時間で200円くらい?

Pグフは6100円なので。
あれ? おれ? こりゃ4機揃えるの大変じゃん!w






。。。というわけで。
チーメンにPグフをばらまきましたw

計算したら4機揃うのゾック出る直前だし、VP上位はすでにPグフ配備しててVPは勝負にならない。なら、ゾック以外の2機だけ残しておけばいいや、と。

喜んでもらえたみたいでよかったですね。前クール、お世話になったので。今クールもよろしくね。。。ふふふ。

メモ。
開発Pの定期補給は+320。補給Pは+0。

ゾックは作れそうですが、問題は17000という破格値。ひそかに1クール目より値上げしているのがポイントorz

どうやって補給を用意するかなあ。。。
[PR]

by netnetnet_78 | 2010-05-11 20:41 | GNO3(更新終了)


<< 口蹄疫問題は意識を向けといたほ...      GNO3・第2クール開戦 >>