2010年 04月 12日

GNO3・とある最前線兵の戦闘日誌

時代が変わって大量MSリリース。ジオン共和国の救世主アクトザクの解禁。
われらは夢もちて最前線という名の未踏を踏む!

b0028685_182382.jpg


記念すべき最前線での初勝利。
経験値、111、だと。。。?

ボコりあいの末の辛勝であるため、圧倒すればかなりの経験値が出るのは確かでしょうが、まず圧倒は無理ですね。ていうか、勝率が安定しないでしょう。たぶん5割も勝てそうにないです。

6機編成はムリゲーだけど5機編成なら確率次第。。。
くらいでしょうか。

前線でも70前後は経験値がもらえますから勝率としては6割くらいでトントンでしょうか。ただ部下パイロットの経験値に至ってはほぼ差がない状態なのでもう少し勝率が必要かと思います。

ふーむ。

アクトザクは強化パーツで回避70までブーストしましたが、ダメでした。やはり「盾」がないのが厳しい。

盾のよいところは「相手の命中率に関係なく発動すればダメージを必ず減らしてくれる」ことです。アクトザクはそのままダメージががっつんがっつん入るのでイタイです。

チームの大佐さんによるとアクト+メスメスで3時間集計で8割勝っているそうです。8割なら悪くないですね。ビットおろし器でごりごり削っているのでしょうか。6機編成によく勝てるなーと思います。

ということは大佐勢は最前線進出でしょうかね。8割なら悪くないと思います。

参りましたね~。レベル差がついてしまいます。最前線にあげるタイミングの出遅れは致命的ですが。。。まあ、どうしようもないですね。

なーんて言いつつ、ふたを開けたら制限機2機積みで最前線で安定している人がいたりしてね。個人的にはそういう意外性に期待したいです。

ついでに今回でたMSをいろいろと触ったので簡単なレビュー。

アクトザク:評価/それなり
鬼の回避力に期待していたら周りの命中率もあがっていたでござる、というオチ。前線も物騒になっているので充分に使える機体ではあります。期待値のハードルが高すぎた印象ですね。ネックは微妙な数値のHPでしょうか。

ガッシャマン:評価/神
ミサイルもわりといいダメでますし、とっておきのハンマーガンがステキ。リック2のシュツルムのようなイチバチ系ではなく、地味に2発攻撃なので安定しています。音もイイですよね。バッコォン! て感じが。唯一の欠点は実弾系なので切り払われることですが、まあ、些事ですね。

ハイザック・カスタム:評価/それほど悪くはないが。。。
スペック見ると前衛でも後衛でも使えそうですが、いかんせん中途半端です。後衛スペックではガッシャマンのほうが上でしょう。前衛としては。。。他もパッとしないので別にこれでもいいかな、というレベルです。射撃武器が飾りではないので壁の射撃でも意外とダメが出るのが特徴でしょうか。

ガルβ:評価/うーん。。。
ぶっちゃけ搭載が余っている現状なので搭載13というミニマムさがいかせない感じです。HPが低すぎるのが致命的ですね。L盾と回避力は優秀なんですが。。。5機編成が脚光を浴びないと難しい気がします。
[PR]

by netnetnet_78 | 2010-04-12 18:00 | GNO3(更新終了)


<< GNO3・臨時オープンアルファ...      GNO3・大規模任務「星のくず」 >>