2010年 01月 02日

ストライクウィッチーズがマジキチな件(いい意味で)

ストライクウィッチーズというアニメがあったので借りてみた。
なんかの賞を取ったのと評判が良かったのでね。

魔法力で空を飛べる美少女たちが足に戦闘機みたいなブースターをつけて大空を飛び、銃器を使ってネウロイという謎生物と戦うアニメである。

とにかくあざとい。作りがあざとすぎる。いい意味で。

今の時点で
・魔法
・美少女
・戦闘機
・銃器

である。
ヲタ好きの属性がこれでもか、とツッコまれている。

このアニメのすごいところは、さらにその先があることだw

美少女たちの着ている服がおかしい。主人公の服はどう見ても「スクール水着」に「セーラー服の上」を羽織っただけである。他の連中も女子は全員パンツ丸見えで歩いている。

ちなみになくなると「わたしのズボンがない!」などと言っているので、作者的には「これズボンだから! この世界のズボンだから! パンツと思うお前らがおかしいから!」という感じだろう。まるでどう見ても小学生の女子絵を「18歳です」と説明するエロゲーのようなねじ込み加減である。

下着姿で歩いているため、演出がとにかく極端である。
カメラワークが必ずまたや腰をなめるように動くのだ。

空を飛んでいるシーンが多いので、腰の位置が水平になっていることが多い。足下からのアングル=真横なので違和感がないんだね。だからカメラの動きにためらいがない。

狙いすぎだろwwww

微エロを売りにする以上、当たり前のようにお風呂シーンも標準搭載である。たぶん全12話のうち半分に入っていたんじゃないか?

とどめは意味不明な「ミミ・シッポ」仕様である。魔法力を発動するとなぜかミミとシッポが生える。主人公だとネコで、同僚だとイヌとかキツネ。いらんだろ、その設定www もうネコミミだしたいだけやんwww

つまり上に追加して
・パンツ
・微エロ
・お風呂シーン
・ネコミミ

という属性までフォローしている。

あざとすぎるわ!www

ここまでやってくれると逆にすがすがしいよね。おらー狙ってやらー! 売れ線のやつ全部つっこんでやんよー! みたいな。

あざとさに目がいきがちの本作品。
でもストーリーとしては悪くない。

基本的に、少女たちの友情を軸に話が進むのでさわやか。派手すぎたりシリアスなのもないので、ぼんやり見ているとぼんやりと楽しめる。

あと、ふざけた設定のわりには、かなり映像がガチだったりする。ハイスピードで空中をかっとぶ疾走感とか、重火器や戦艦の重々しさは手抜きなし。

属性や設定だけでヲタを釣ろうとせず、わりと作品自体も丁寧に作っている姿勢は好感が持てたかな。

あのあざとさも、あそこまでやってくれると笑えるのでOKだwww
[PR]

by netnetnet_78 | 2010-01-02 22:32 | 映画感想


<< かっけー「音楽(ロック)に愛さ...      明けたからといってめでたいわけ... >>